制作日記~Kaoru Mizuki

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
イェルク=デームス ピアノリサイタル
20日、イェルク=デームス氏のリサイタルに伺ってまいりました。日経ホール、音響効果が非常に良い。しかし、この日は客層があまり良いとは言えなかったです。帰り際、もう少し高くても良いのでは?と思いました。

デームス氏は89歳。私の母と同じ年です。飛行機に乗って日本までいらっしゃるだけでも凄い。それだけではなく、演奏活動をあちこちでやるという、バイタリティにも驚きます。ピアノにたどりつくまで、大丈夫かなぁといった雰囲気でしたが、演奏に入ると、ご自身の世界で遊んでおられると感じました。

ご高齢なので、ミスもありますし、あちこち危なっかしいところも多いのは仕方がありません。

そういうことはおいといて・・・
この方は、「歌の人」との印象を強くしました。第1曲目の、バッハ「半音階的幻想曲とフーガ」から、歌があちこちから聴こえるように思いました。最終に向けて、かっちりとまとめようとする意図が感じられましたが、導入部分は、本当に幻想的で、タイトル通りの演奏をしていただきました。

全体を通して、音価が正確ではない。だからといって直してほしいとは思いません。それを言ったところで、直してくださるような方ではないとお見受けしました。演奏から、大変頑固であると感じました。音価、リズムなどについては、なぜか高齢の演奏家の方、みなさんが、同じようになるのは、腰が弱るせいでしょうか?

このような不正確さを超えて、歌が満ち溢れた演奏でした。

最も良かったのは、最後の「トロイメライ」でした。正直申し上げて、このような素晴らしい演奏を聴いたことがありません。やはり、この先生は、シューマンのような歌心をもつ作家が得意なのでしょうね?絶品でした。

傷はあるものの、フランクが聴けた事が良かったです。音が美しいのですね、フランクって。元々大好きな作家です。

全体を通して感じた事。正統派ですが、年齢のためにコントロールがうまくいってないのでしょう。若い時の演奏を、CDで聴くのがよろしいかと思います。

2017年は、私が良いと思った演奏会にたくさん足を運ぶこととなりそうです。秋には「冬の旅」を聴きにいきます。来月以降も、良さそうな演奏会には、行ってみるつもりです。







スポンサーサイト
 ピアノ コメント(0)
ベートーベンのsym.5 リスト編曲
最近はまた古典派の楽曲に逆戻りしています。ケマル=ゲキチという方のピアノに興味をもち、youtubeを漁っておりましたが、この方はリストやショパンがいいのですね!

ベートーベンも手がけておられますが、私の趣味ではありません。5番のシンフォニー リスト編曲で、私の心に響いたのは、グレン=グールドです。ベートーベンのしつこいくらいの連打の意味が、よくわかるのです。

他に、最近聴いたところでは、室井麻耶子先生の若かりしころの演奏。(室井先生は現在95歳で、現役でピアノを弾いておられます。)この先生が「ここに泉あり」??だったかの映画にでられたときの、演奏、よかったです。

室井先生のピアノだけではなく、オーケストラや、團伊玖磨氏の音楽も聴きました。

私の生まれる前の録音、演奏、音楽でしたが、大変しっかりしてました。他に、アレンジもよかったです。民謡をアレンジして、山の上で聞かせるシーンがありましたが、なかなかよかったです。

山田耕筰氏もでているんです、この映画。

それはともかくとして・・・近況

2017年からは創作(音楽)活動に戻る予定です。もちろん、以前書いていたような教育用作品は一切やりません。私は過去に戻るということは、ありえない人間ですので・・・

ようやく、副業のほうが落ち着いてきまして、「これならやっていけるかな」というところまできました。創作活動と、できるところまでは、両立していきます。そして、ある時がきたら、副業のほうも別次元に進めていくつもりでいます。


そんな感じでして、元気にやっています。このblogは一旦閉じようとしていましたが、音楽や創作に関して、たまに書いていこうと思います。他の話題や創作(音楽)は、HPに付随しているほうをこまめに更新していくことにしました。




 ピアノ コメント(0)
ピアノのレッスン再開
少し前にピアノのレッスンを再開しました。ピアノだけのレッスンは10年以上やっておりませんでしたが、今回リクエストがあって、再開した次第です。

ただのレッスンではなく、今回からは、タロットカードで、曲決め、方向付けを行いました。カードで出た結果から、初めてオーフィアス組曲の中の1曲を、課題として使うことに決めました。曲は出来ているのですが、まだ浄書ができていませんので、これから来月に向けて開始します。

曲名は「小春日和は釣り日和」作曲は、花吹雪猫三郎というピアニストの猫です。猫三郎は震災で亡くなりましたが、今は息子のノアがピアニストとして活動し、亡き父の曲を弾いています。

猫三郎は生前中にクラブどくろという、ライブハウスでピアノを弾いておりました。そのときの常連、猫目石金平のリクエストで作った曲です。金平と猫三郎はこれをきっかけに家族同然のつきあいをするようになっていきます。

金平はさまざまな事情で故郷を離れていました。ある事情で帰郷した際、ノアの弾くトイピアノのメロディが風にのって聞こえてきたことをきっかけに、ノアとの出会いを果たします。

(ただ、猫三郎には子猫はいませんでした。ノアは猫三郎の実猫ではありません。未だにノアはそれを知らされず、あることがきっかけとなり知ることとなります。>猫社会にはよくあることですね・・・)

このときのメロディが「小春日和に釣りをする」という曲の一部だったのです。

レッスンでは他に、ショパンの「バラード4番」ドビュッシーの「月の光」を使います。これら全ての曲を、カード占断したところ、面白い結果が出ました。

ショパンのバラード4番
正義→世界R 

曲が正統的すぎて、今の時点では最後まで到達できない。要するに最後まで弾ききることができず、仕上げられない。

ドビュッシーの月の光
カップのプリンセスR→月R→棒の2

面白いことに、月のカードが出ています。
今はこの曲から感動を得ることはできていない。曲がわからない。でも最終的には高みを目指せる。(望んだように弾けるようになる。)

小春日和は釣り日和

コインのプリンスR→コインの3→戦車

生徒さんにとって平易な(今の技術レベルに合った)曲を選ぶことによって、アーティステックな面が形になっていく。それだけではなく、他のジャンルの曲にも挑戦する勢いを得ることができる。

以上のような結果になりました。さて、予測はあたりますでしょうか?

次回からも、カードを使って、見えない部分を探りながらレッスンをやることにしています。趣味のピアノですので、息抜きにもなって面白いと感じてくださったようです。もちろん、このようなわけのわからないことが嫌いな人には、押し付けないです。

でも・・・私も変化しましたので、似たような人がレッスンに来られると思います。仕事でも、何にしても、自分の今にあった人だけが、引きつけられてくるのだと実感してます。ですから、例として会社の人間関係がうまくいかないのなら、あなたも同じような価値観をもっていると考えたほうがよいでしょう。

自分が変わるたびに、舞台も変わります。最終的には悪いことも良くなっていく時がやってきます。

今回は趣味のピアノのレッスンのことを書きましたが、来月にはHPを立ち上げ、今後の予定を詳細にご案内します。






 ピアノ コメント(0)
近々ピアノの練習再開です
必要に迫られて、ピアノの練習再開です。こーいう展開になるとは思いもよりませんでした。
音楽を実用的に使うことは、ずーーっとやってきたのですが、事業立ち上げのために自分のピアノが必要になるとは!

私はずっと会社の仕事を請けていくのだと思っていました。でも、世の中がここ数年で様変わりしたり、私が年をくったこともありまして、人に雇われてやっていくことは、将来が不安と思い続けていました。このように考え始めたのは初段階が2009年くらいでしたね。

西洋占術的な分析では、山羊座に冥王星が入ってすぐのころでした。冥王星=破壊と再生です。破壊されたものは元には戻りません。世界中のみなさんが影響を受けるのですが、この小さな私も影響を受けています。29年ほど前に始めた仕事(こっちも転職だったのですけれど)は5年ほど前に終わりを迎え、試行錯誤期間を経て、新規の仕事にきっぱりと!変わる時期にきたのです。

冥王星、土星回帰、海王星回帰は個人にはあまり影響はないと言いますが、いかがなものでしょうか?私の場合は、2012年に魚座海王星回帰、2015年の射手座土星回帰により、著しい影響を受けたと思います。

大概土星回帰をむかえた方は、引っ越し、転職、引退、退職(一般的なところだと定年退職です)結婚、離婚、親との別れなどの節目があります。私は2度目の土星回帰ですが、1度目はきつかったです。2度目はそれほどでもありませんから、現在30歳前後の方、安心してくださいね。

ちなみに私の両親はそろって3度目の土星回帰をめでたく迎えております。老体ですけれど、やはりあるんですね!今度、引っ越しと、転職が決まりました。年寄りでも仕事を依頼してくださる方がいるのが、不思議でしょう?今までも自営でしたが、今度はほんとの自由業となります。

心配しなくていいものです。偶然の風が偶然をよびおこす・・・

それはともかくとして・・・
2016年に立ち上げる仕事の話は、前回の記事に書きました。今年はとりあえず、タロットカードのレッスンを開始することにしました。カードのレッスンといいますと、並べ方や、意味を説明したりなどといったもので、講座が多いです。
それでもいいのでしょうけど、私は個人レッスンに特化。

理由は音楽と同じです。一人一人違いますから・・・

レッスンは意味、並べ方ももちろん必要でしょう。でももっと大切なこと。ちゃんと読み取れるようになって、的中させること。こちらを主流とします。

たまに、カードは当て物ではないという人もいますね。ですが、的中させていくうちに、自分の内面を把握でき、だんだんと変わっていけることを、私は実感しておりますので、こちらをみなさんにお伝えしたいと思っています。

自分を知ること。次に他人です。よく、カードで自分を占ってはいけないという方がいます。私は自分のことは自分で占って決着をつけていますが、罰が当たったりとか不幸が訪れたことなど一度もありませんよ。(占いというよりは、自らを知る。これが大きいのです。)

元々タロットというのは遊戯用なので、意味はなかったんです。カードに怨念などこもっておりません。別にカードでなくてもコインでも、さいころでもいいのですけれど・・・

それはおいといて・・・ピアノを使います。自作品、編曲もの、有名曲をピアノで弾いて、その印象をカードになぞらえる・・・語ったり、文字にしたりという練習を積み重ねて、説明書にとらわれないで、占断できるようになりましょう、ということです。

実際78枚から引いていきまして、必ずわかりやすいカード展開になることはありません。そのときにどうするか?
この難しいことができるようにしてさしあげます。

それから・・・あちこちみていますと、トートタロットだの、カバラの木などの集中講座をやっておられます。大変素晴らしいことだと思います。西洋の思想を勉強して何かに生かすということだと思います・・・が、しかし音楽と同じで、外側からだけ入って本当にわかったことになるのかなぁ?と思うのです。

本質を知るということは、講座を受けて、覚えてとはちょっと違うと思います。本当に西洋の思想に触れるには、思想の上にある文化を追求することだと思います。思想だけ一人歩きしたって、わかりません。

そういうこともあって、占星術やカードを、本のみで教えることは無理だと思います。

私はいちお、幼少の頃から西洋音楽を追究してきた人なので、本質を知ることは一部分でもわかっています。そういう意味で、西洋音楽を使ってのレッスンが良いかと思いました。聞き流すのではなく、聴くとはどういうことかという面、カードを通して知っていただけたら幸いです。

またプロの方も、そーいう占断をしていただけたらと思っております。

本当に不思議な展開になってまいりました。芸大なぞ出て、占いをやっているのは、山田耕筰先生以来かもしれないですね。ちなみに山田耕筰先生はあたらしもの好きであったらしく、日本に西洋占星術を輸入してきたときいています。占いはお好きだったようです。









 ピアノ コメント(0)
未だに
古い情報を求めてやってくる方がいますね。驚いています。

不快な思いをしていますので、IPあげます。東京都下の方でしょうか?


110-132-100-166.rev.home.ne.jp

今は教職にまつわる話題、クラス合唱なるもの、素人といった話題には触れておりません。蒸し返されたくはありません。
現在はピアノやその他の楽器中心にやっております。全く教職とは関係ありません。

他に、占星術やカードの話題に触れています。こちらも教職とは関係なく、一般的ですね。
検索文字で、いちいちひっかかります。非常に気分が悪いです。

以前のジャンル、クラス合唱なるジャンルからは、こちらからお願いしておつきあいを断たせていただきました。かかわり合いをもちたくありませんので、ご了承をお願いいたします。
 ピアノ コメント(0)