制作日記~Kaoru Mizuki

2018 02
01 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 → 03
バイエルン交響楽団
ドイツ在住の方のblogを拝見しております。息抜きにバイエルンの定期演奏会に出かけたなどと、書いてあればうらやましく感じます。定期演奏会の曲目をみておりましても、非常に多彩です。

昨年末感銘をうけた、エマール氏のピアノがあったり、サーリアホさんの曲が演奏されたりなど、おもしろそうです。
いろいろな音楽を聴ける環境にいられるのは素敵ですが、海外なので日本の会社の製品が壊れても修理ができず、大変なようです。

住むのに便利なのは日本が一番だと思います。しかし、文化面では海外のほうが面白いかもしれません。
これじゃなければだめ、ということはないのですから。

ところで・・・・2018年の晩秋、ヤンソンス氏とバイエルン交響楽団が来日するという話がありましたが、本当なのでしょうか?他の催しはすでに情報が出ていますのに、チラシもできていないようです。もしかして中止なのでしょうか?
このコンサートだけは拝聴したいものの一つでした。

どなたかご存知の方がいたら、教えてくださいませ。

そのうち海外にでも遊びに行ける時間ができたら、長期滞在してバイエルンの演奏会に出かけたいものです。これが今の私の夢です。環境も変え、生活も変われば行けると信じています。そのためにも創作を頑張って、ルートを作らなければなりません。
スポンサーサイト
 ピアノ以外のジャンル コメント(0)
プロコフィエフ「ヴァイオリンコンチェルト1番」
五嶋みどりさんのヴァイオリン、ヤンソンス氏の指揮、バイエルンで、プロコフィエフのヴァイオリンコンチェルトの1番を拝聴。

深夜に何気なく、youtubeを訪れ、思わず聴き入ってしまいました。

五嶋さん、チャイコフスキーやメンデルスゾーンもいいかもしれませんが、近代や現代作品がより面白いと感じました。
曲の面白さ、良さが伝わってきて、飽きません。

ヤンソンス氏の指揮もバランスがよく、素晴らしい。前にも書きましたが、2018年11月に来日なさいますので、聴きにいきます。気合いをいれまして、ジャパンアーツの会員にまでなった次第です。より早くチケットを手に入れたいと思いまして〜

ヤンソンス氏の演奏は、よく中継をやっていますが、時間があわなくてなかなか聴けません。

ここのところ、西洋クラシックばかりを聴いています。他にはトリフォノフ氏のピアノも聴きました。コンクール受かって終わりになってしまうピアニストではないですね...彼。作曲もやるそうです。いったいどんな曲でしょうか?

指をベターっと伸ばして弾くタイプ。爪を伸ばしておられますが、指先を使わないのでしょう。それでも軽妙なタッチです。

自分の曲は、オーフィアスバリエーションの書き直しの1/3が、本当の終わりを迎えつつあります。いつになく手間取りました。書こうとすると雑用が押し寄せてきた慌ただしかった昨年が終わり、集中できたことが大きいと思います。少し遅れましたが、来週からは、ピアノ連弾の曲をすすめます。

何を書くかは、決めてありますが、この曲に限っては公表しません。年末あたりには、全てを公表できると思います。



 ピアノ以外のジャンル コメント(0)
ヤンソンス&バイエルン
2018年秋に、来日が決定しているようです。ただ、ヤンソンス氏は、たまに体調を崩されるようですし、高齢なので心配です。彼の演奏は、youtubeで拝聴していますが、現地に行きたくなるほどすばらしい。

ウィーンフィル+ヤンソンス氏の演奏で、フィガロの結婚序曲。流麗で音が美しい。日本の交響楽団も良いと思いますけれど、何かが大きく違います。上手、下手、抜きにして、音色や音楽に対するアプローチそのものが違うように感じます。気候の違いもあるのでしょうが、強弱ひとつとっても、感覚が違うと思います。

演奏者の環境が違うから、たとえ名指揮者の棒であっても、そうは簡単に変わらないのでしょうか?食べ物、気候、勉強方法などなど・・・

上記とは別に・・・今年はマーラーなぞを、ヤンソンス 氏の指揮で聴こうという勇気が出てきました。私は、マーラーが大の苦手なのです。あの一種独特の感覚が、好きな人にとっては、素晴らしいのでしょうが、私にとっては重いのです。

1番を聴いて根をあげてしまいました。でも、このままでは、死ぬまで良い演奏にも触れず、終わってしまいそう。ヤンソンスさんとバイエルンの公演を機に、マーラーを見直してみようという意欲がでてきました。CDで聴く勇気はありませんので、生演奏から入ります。それほど、私にとって、マーラーは鬼門的なものなのです。

ところで・・・創作のこと。以前の生活に戻りました。そんなに簡単に曲は書けませんので、以前と同様四六時中、ピアノや机の前に詰めている状態となっています。昨年中に終わらせる予定だった場面も、ようやく、気に入った曲調に落ち着き、コーダに近づいています。やっとこれで1曲の1/3くらいのところ。

見つめ直し、考え直し、ヤンソンス氏やウィーン少年合唱団なぞの演奏から影響を受け、もっと肩の力を抜く部分が必要かと思いました。そういう部分もこれからさっさと作り、いわゆる大曲は、あと数ヶ月で終わりしようと考えています。
今までどうしても完成しなかった作品も、ようやく終わりを迎えるでしょう。何事も終わりってあるものです。

昨年末、笛を吹いてくださる方の応援を得ることができ、だいぶ楽になったと思います。うまくいかなかったことも、一段落です。

私も、多くの経験を経て、計画より(どうしても欲が入ります)自然の流れにのっとっていくことによって、思う方向に進めることを知りました。時がくれば、必ずその人にあった道が開けてきます。それまで右往左往するより、じっとがまんして、やるべきことを進めることが大切だと思います。





 ピアノ以外のジャンル コメント(0)
言葉より音楽中心
冬の旅CDを買いました。>マティアスゲルデさんとエッシェンバッハさんのです

この楽曲だけではなく、芸術的歌曲は歌詞にとらわれない楽曲がほとんどです。このように書けば、必ず誤解をする方がでてきます。が、しかしおそらくここを訪れてくださる方々は、何らかの形で専門的教育を受けたり、独学で勉強なさっている方々がほとんどだと思いますので、説明する必要もないと思いますが。

何か問題が起きる前に、一応講釈をたれますと・・・

歌詞を無視するということではありません。歌詞に引きずられるのではなく、音楽が言葉以上の役割を果たすという意味です。私もこのようなスタンスには賛成していますし、かつて作曲の修行をしていた時にも上記のように習いました・・しかし、教育用作品やpopsなどは歌詞を重視する人もいますね。

とりあえず私はそちらを手がけることはありませんので、関係ないとして。

冬の旅・・恋愛ではなく、生への執着でしょうか?死神があちこちに顔を出す雰囲気ですね。シューベルトは、「死」を意識して書いた人だったのでしょう。魔王にしても、ピアノの伴奏が、死神の足音のように響きます。

冬の旅の1曲目「おやすみ」も死の時がやってくる、というふうに私は感じました。最終曲の「辻音楽師」には、無を感じました。

この曲集は歌い手がこねくりまわすんじゃなくて、淡々と歌っていくことにより、曲の本質に迫ることができるのだと思っています。私は冬の旅の音源はもっておりませんでしたが、演奏会に行けなかったことをきっかけとして、じっくり聴いてみることにしたのです。

さて・・・自作品、オーフィアスバリエーションは。Var.2にハープをいれました。最初は入れる予定ではなかったのですが、地上の演奏に対して、天空が応えるという設定にしましたので、ハープによるつなぎがあったほうが神秘的ではないかと感じた次第です。

父が亡くなる前から、プライベートでばたばたしていたせいか、ロクなものが書けませんでした。今はようやく、まともな表現ができるようになってきたと感じています。やはり、時期というものはあると思います。

みなさまもうまくいかないとしたら、少しお休みすることが良いでしょう。その時期がくれば、物事は必ず成就するものです。葛藤に苛まれるでしょうが、悪いことではありません。悩み尽くして、諦めた時に、あなたに向いた方向に、転換できます。

上記のようなことを、大金を払ってセミナーなどで体得しようとは思わないほうがいいです!人に教わったことは忘れます!悩みぬくことにより、自分なりの方法がみつかります。まやかしのスピリチュアルに投資して人生を棒にふるより、美味しいものを食べ、優れた芸術に触れることで、悩みは解決していきます。

冬の旅なんて、人生そのものです。一聴の価値はありますよ。









 ピアノ以外のジャンル コメント(0)
シューベルト「冬の旅」
昨日は、マティアスゲルネさんと、エッシェンバッハさんの「冬の旅」の演奏を楽しみにしていたのですが・・・エッシェンバッハさんの指の不調で、急遽ピアニスト交代となりました。私は少なからず、ショックを受けた次第です。なにしろ、何ヶ月も前からチケットを買って、楽しみにしていたんです。

チケットは払い戻しすることにしました。代わりに同じ演奏者のCDを購入いたします。

「冬の旅」ですがシューベルトの歌曲の中で、私の一番のお気に入りです。以前は音楽の教科書にも掲載されていたと思います。今は、ないかもしれませんね。何しろ、アートに触れることは、指導者でさえも苦痛のようですよ。まがい物で十分という価値観、そして、社会主義的な曲がまかりとおっているようでございます。

日本は社会主義の国なので仕方がありませんが・・・私は黙って抵抗しておりましたね。今はもう教育用楽曲は作りませんから良いですが。

シューベルトのこと。日本では片隅においやられているように感じます。でも私は、現代に通じる匂いをかぎとっております。シューベルトの楽曲、全てを聴いたわけではありませんが・・・一部でもそう感じます。

今後はもっと深く聴いてみようと思います。>全曲


ところで・・・創作の話。一生続けていきたいなぁと思うようになりました。そのためにも時間を大切にし、無用なおつきあいはしないことにしました。以前とは違い、自分を最も大切にしたいと考えるようになったのです。このへんが、最近曲を書いていて変化したことでしょうか?

仕事だけに特化していたときと比べて、考え方は変わりました。父が亡くなってから、特に変化したと思います。父には感謝の意味でも、きちんとした演奏会や録音などをしなければならないと肝に命じております。

話は前後しますが、冬の旅についてはまた改めて書きます。毎日聴いていいぐらい好きな曲ですので・・・








 ピアノ以外のジャンル コメント(0)