制作日記~Kaoru Mizuki

2018 07
06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 08
「オーフィアス組曲」
音楽と文章からなる作品、預言物語「オーフィアス組曲」を制作中です。キャラクター(動物たち)が現実と幻想の世界(生と死)を行き来します。キャラクターを通して、生きることの意味を追求するストーリーです。

生きることに意味はあるのでしょうか?みなさんはどうお考えになるでしょう?生きることに意味づけする必要があるかどうかは、私にはわかりません。

人の思いとは別に、自然は采配をふるい、喜びや悲しみをつれてくる。不条理な結果であっても、条理につながることすらある。人にとっては畏怖であっても、自然にとっては無為なること。生きとし生けるもの全ては、自然の流れにそっている。

このように無力で、無知なる存在のひとつが、われわれ人間であるのです。

登場するキャラクターは全て動物であり、擬人化されております。擬人化の意味がわからないと以前ご質問を受けたことがありますが、それは2009年に亡くなったあるぬいぐるみ作家の存在があります。彼女、故宮島登志子さんは才能溢れる作家で、これから独自の作品を作ろうとなさっていた矢先に、53歳の若さで亡くなりました。彼女が若いときに制作したうさぎたち、また死の直前、水のみで生き、痛み止めを打ちながら作った猫たち。彼、彼女らに息を吹き込み、生き物にすることで、亡くなった登志子さんの思いをつないでいけたらと、思いました。

彼女が亡くなる二ヶ月前、お電話で一度だけお話しました。「私はもう長くはありません。猫さんはいりませんか?生みの親より育ての親と言いますから。」などと話されておりました。

上記のような出来事を礎として、創作に着手しましたのが2011年。2013年〜2017年秋までは、創作活動を休止せざるを得ない困難が幾度となく、起きました。しかし偶然の成り行きにより、2017年末、創作復帰のきっかけを得ました。

現在は2018年5月。約7年にわたって積み上げたさまざまなモノを、お披露目するべく、具体的に進めている最中です。過去に幾度となく、このサイトで「今年は出しますよ ・・・・・」とつぶやいておりましたが、どうしても叶わず、このまま創作から遠ざかっていくのではと、覚悟していた時期もございました。

やはり、努力しようとしても、足掻いたとしても、「時」が味方しなければ遅々として進まないことを、実感しております。

今年は1章の「春雷」の楽曲を形(譜面や音)にし、外に出していきます。(過去には6章全てを一気に出そうとして、思い悩んでおりましたが、今後は章ごとに、ゆるやかなペースで出していきます。)お披露目の際には、記事としてアップいたします。

2018年11月24日、品川の天王洲におきまして、オーフィアス組曲中の1曲(ピアノ曲)が、演奏されます。長きにわたって、開店休業状態が続いておりました創作活動に、ピリオドが打たれましたことを、嬉しく思っております。(この音源については何らかの形でご紹介する予定です。)

その後も様々な計画があります。緩やかな歩みですが、世に広めていくための努力を惜しまず、活気をもって展開していきたいと考えています。



今後ともよろしくお願いいたします。

























スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)
ようやく
7年ほど前に作曲した楽曲を、別の編成にして、あげました。譜面はできあがったので、製本などの準備をしております。製本などと書きますと、本を出すの?と勘違いされるお方もおられるかも。

そうではありませんけれど、別の形でお披露目することの一つとなるやもしれません。

4月から腕を痛めておりましたので、少しづつ鉛筆書きで清書したことが功を奏したと思います。マウスを使っていたら、リタイアしていたかもしれません。4月の下旬あたりからそろりそろりとかかり、少し前に終了。

次の曲にかかれます。2月頃一旦筆をおいた「オーフィアスバリエーション」の続きの手直しと、1章「春雷」の中の手直しにかかります。津波のシーンを見つめ直そうと、企んでおります。

これは確か、4.5年ほど前に書いた部分ですけれど、直したいと思っていました。

ようやく頭の中が整理され、今まで幻想の世界にあったことを、現実の世界で実現する計画に着手しております。本当に長かったです。2013年〜2017年の秋頃までの紆余曲折は、私の人生の中でもっとも苦しかったと思います。一旦は音楽活動をやめることも考えたほどでした。

今になってみて、他の世界をみて、創作の面白さが理解できたと思っています。創作のみでは、体験できなかったことも知りました。同時に、どのような世界においても、型や基本が大切なことを体験を通して、知ったことがよかったです。

今後は全てを刷新し、新たな人間関係も構築できたらいいなぁと夢を描いております。

 オーフィアス組曲 コメント(0)
清書
本当に久しぶりに、手書きでオーフィアス中の楽曲を、清書をしております。浄書は浄書屋さんのお仕事。今は、浄書屋さんというお仕事は存続はしているものとは思いますが、少ないでしょうね。

だいぶ前に、浄書をお願いしたとき、パート譜が相当間違っていて、ものすごく大変だった記憶があります。今は、譜面作成ソフトに頼れば良いのでしょうけれど、時間がかかる。急ぎの仕事は、手書きに限ると思いますが、いかがなものでしょうか?

今回は私が肘の腱鞘炎になり、マウスを使いづらいこと。長い曲なので途中で根をあげてしまえば、今までの苦労が水の泡。ということで、鉛筆書きしております。鉛筆書きは2012年が最後でした。6年ぶりにやってみて、見やすいのは手書きではないかと思いました。

鉛筆書きはコンピュータとは別の意味で体力がいるものの、私的には、捨て去ることはできないと思いました。

コンピュータ入力の一つに、パッドを使ってペンシルで手書き入力していく方法もあります。これならば肘も疲れないのでしょうね。以前、口コミにつられて、カワイのタッチノーテーションを落としたことがありますが、私には非常に使いにくかったので、放置してあります。口コミは信用できないです。

notionがあるので、今後はシベリウスの乗り換え版を使うことも考えてます。シベリウスはペン入力できるようですけれど、macではどうなのでしょうか?以前はできなかったように思います。notionはペン入力ができるようになりましたので、上手に使っていければなどと、考えております。

今後のこと。体調が整ったら、清書と並行してオーフィアスの他の曲を進めます。2018年に入ってからというもの、世間に公表するためのヒントをいただき、地に足がついてまいりました。同時に時間的な余裕も生まれて、作曲に集中できる環境が整いつつあります。

昨年末までは、気ばかり焦ってなかなか進まなかったのですが、今になってみれば、なるようになっていたのだと感じます。私の場合は、リタイアしてしまうつもりは全くありません。一生創作活動を続けるための試練といいましょうか?体力作りといいましょうか?それが、2014年末から2017年末までであった、と思います。

とりあえず2018年はオーフィアス組曲1章「春雷」の中の楽曲を、現代的な方法で公表します。今回の清書も、「公表」の準備の一つでした。

ここまでくるのに、7年かかりました。7年というのは、人間の節目にあたります。→七五三、高校受験準備(14歳)、就職試験の準備(21歳)などなど。私にとっては、さまざまな条件が整うまでに、長い時間が必要だったのでしょう。

今後は自分を第一に考え、雑多な仕事は極力遠ざけて、前にすすめます。











 オーフィアス組曲 コメント(0)
笛〜続き〜
オーフィアスは自分の作品ですから、人の意向はあまり入れたくないんですね。ちょっとした思いつきで作っているわけではありませんのでね・・・

前回の記事で笛のことに触れましたが、この世のものとは思えない音色?・・・たとえばフルートであっても特殊な奏法を使って面白い音を出せるならいいけどと考えています。

実際の音だけで無理なら、ノイズをいれるなり色々と作業する方向へと考えています。

ところで・・・・
最近は何かあったとしても、自分の考えを貫き通すことができるようになりました。以前は、人に引きずられていたと思います。これから先も、このようにやっていきたいと思います。他人は多少、歯ごたえができてきたと思うかも。

なんて書くと大げさですが・・・自分の音は、自分で責任を持ちたいということですね。

それはともかくとして・・・別の話。
デュオの曲、どんどん進めています。過去に作り込んだ曲をデュオにアレンジしているため、いつものように長丁場にはなりえないです。雑用が終わったら、オーフィアスバリエーション中の曲(Var.4)と同時進行します。

それから・・世間に公表していくのに、コツコツと配信や、未開拓の方法に力を入れます。今までのように会社にお願いするのではなく、個人商店のような形をとる夢を描いております。

最近よく八王子に行くのですが、自分の理想とする形の、シフォンケーキ専門店があるのです。こじんまりとしていて、地味で目立ちませんのに、味のみで固定客を惹きつけております。こういう形をとれればいいなぁと思うようになりました。

一つの目標ができたわけです。今年はビジネスの道筋?この作品を使ってどうやって現実に根をおろすか、決める年になると思っています。




 オーフィアス組曲 コメント(0)
オーフィアス組曲では、猫が何種類かの笛を持ち替えで吹きます。ティンホイッスル、フルート、鍵盤ハーモニカもどき(予定)を使用するつもりでおります。独自の音色を追求する方向へ、進んでいます。

ところで・・・
作曲の勘というものは、磨かなければ鈍くなっていくと思った次第です。一昔前は、メロディ中心の曲を頼まれて、書いておりました。このような曲ばかりを手がけていると、だんだんとアカデミックな書法から遠ざかっていくことを実感いたしました。

今手掛けている曲、なんとなくサマになっていないと感じておりましたところ、一音符だけ抜き、6/8から5/8に変更したところ、「正しい」と感じることができました。同じ拍にアクセントがつくことは、平坦さを呼びます。特に、素人向けのメロディばかり書いていると(音域も狭い)本来もっていた正しい感覚を忘れてしまうのではないか?と思いました。

自分の曲とは別に、リラックスするため、ウィーンフィル、ベルリンフィルの古典の演奏を聴いています。第一音目から全く違う感覚を持った人たちだと感じています。日本の演奏家も大変上手ですけれど、かなり異質なものを感じます。ヨーロッパの伝統芸能、聴衆は少なくなりつつありますが、守っていってほしいものです。





 オーフィアス組曲 コメント(2)