制作日記~Kaoru Mizuki

2017 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
「オーフィアス組曲」
音楽と文章からなる作品「オーフィアス組曲」を制作中です。キャラクター(動物たち)が現実と幻想の世界(生と死)を行き来します。キャラクターを通して、生きることの意味を追求するストーリーです。

生きることに意味はあるのでしょうか?みなさんはどうお考えになるでしょう?生きることに意味づけする必要があるかどうかは、私にはわかりません。

人の思いとは別に、自然は采配をふるい、喜びや悲しみをつれてくる。不条理な結果であっても、条理につながることすらある。人にとっては畏怖であっても、自然にとっては無為なること。生きとし生けるもの全ては、自然の流れにそっている。

このように無力で、無知なる存在のひとつが、われわれ人間であるのです。

登場するキャラクターは全て動物です。擬人化されております。擬人化の意味がわからないと以前ご質問を受けたことがありますが、それは2009年に亡くなったあるぬいぐるみ作家の存在があります。彼女、故宮島登志子さんは才能溢れる作家で、これから独自の作品を作ろうとなさっていた矢先に、53歳の若さで亡くなりました。彼女が若いときに制作したうさぎたち、また、死の直前、水のみで生き、痛み止めを打ちながら作った猫たち。彼、彼女らに息を吹き込み、生き物にすることで、亡くなった登志子さんの思いをつないでいけたらと、思いました。

彼女が亡くなる二ヶ月前、お電話で一度だけお話しました。「私はもう長くはありません。猫さんはいりませんか?生みの親より育ての親と言いますから。」などと話されたことをよく覚えています。

私は育ての親なのですから、彼、彼女たちを世に出す手はずを整えなければならないと思っていました。しかし、意気込みとはうらはらに、時間だけが経っていきました。(作品作りを始めたのが2010年、一旦ゼロに戻したのが、2013年。)

2013年暮れには音楽主流、文章主流の2シーンに分け、音楽主流の部分では不必要な説明を省き、聴く人の想像力にゆだねるように展開しつつありました。2014年5月下旬より、いよいよ本格的に曲作りに入りました。当初は打ち込みを多く使う予定でしたが、ピアノを主体とすることにしました。

2015年7月。一番の大作、オーフィアスバリエーションのスケッチが終了し、仕上げの段階に入りました。

2015年暮れには、オーフィアスバリエーションの後半1/3を仕上げ、2016年1月には、2011年に作曲したピアノとポエトリーリーディングのための「Addictus」を一部修正し、完成。2016年3月中旬現在、オーフィアスバリエーションの頭から、残り全ての仕上げに入っています。.

2017年6月、さまざまな事柄が落ち着き、ようやくゆったりとした時間がとれるようになりました。今後は、年内目指して、走ります。

ここには、6年以上も訪れ続けてくださっている方もいて、感謝しております。できることなら今後も懲りずに見守っていただければと、思っております。どうぞよろしくお願いします。















スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)
オーフィアス組曲のキャラクター紹介
オーフィアス組曲のキャラクター紹介 が完成しました。

キャラクターの後ろに星座名が記されています。これはキャラクターの性格=星座の特徴です。水瓶座ならば、我が道をゆくとか、神さまみたい。乙女座ならば、職人技がすごい(専門技術の習得に長けている)。獅子座ならば、獅子のように他者を引き連れて歩くとか?自己主張が強くロマンティストであるなど・・・

会話部分のバックには、星座にちなんだピアノ曲を入れようと思っています。初見で弾けるような易しい曲をと考えております。

以前からピアノ曲の仕事がしたかったのですが、ほとんど機会に恵まれませんでした。某出版社でも、ピアノ曲集は売り上げが上がらないという理由で、却下。仕方なく望まないジャンルを書いたという経緯がございます。

そんなわけで、楽譜を出版する機会が出てきましたら、(簡単でないことは1000も承知です)星座にちなんだピアノ曲集を作りたいです。今は、譜面にしても自主制作の時代なので、もっとちゃんとしたルートが出てきましたら、やってみたいですが・・・しかし・・・

こちらは今の時代、音源を作るより、ハードルが高すぎるほど高いと覚悟しております。

現実に根ざして、一歩づつ、地に足をつけて進めていきたいと考えています。





 オーフィアス組曲 コメント(0)
オーフィアス組曲のキャラクター
オーフィアス組曲のキャラクターはうさぎ、犬、猫、アリクイです。人は出てきません。数年前には、キャラクターの表をエクセルで整理しておきましたが、お披露目はしませんでした。近々、HPにキャラクター紹介のページを作ります。そろそろ外に出すべき時がきたと思います。

今回はうさぎ族のみ、紹介します。

:うさぎ族:
サザンクロスに在住 

1)故 宮ノ島とし 獅子座

宮ノ島家の血筋(天との対話能力)を強くひいていた。嵐と対話することが好きで、交信詩を詠む能力があった。半年前に、じゅり(兄)としろ(妹)の2匹の子ども を残して亡くなったが、天国に到着した合図として、「おしるし」を落とした。 

2)宮ノ島じゅり 天秤座 

としの子どもで兄。母が残した農場を運営している。料理とハープの演奏が得意。兄らしくなく、繊細ではにかみやの面があ る。 

3)宮ノ島しろ 牡羊座 

としの子どもで妹。妹でありながら、兄より活発。兄の運営する農場を手伝いながら、指揮、作曲、ピアノ演奏をマルチに こなす。天との交信能力が強い。

宮ノ島家は、昔から天と交信する能力をもった、いわゆるスピリチュアルな家系です。しろとじゅりは、母としの代理として、震災で亡くなった 魂を鎮めるため、「語りがけ」という儀式を司どる役目を任されています。

下界には、陰陽師=加持祈祷を行う という仕事があります。宮ノ島家の役割は、陰陽師と似ていると思います。
--
録音のこと。


私に限ってですが・・・音楽CDとして流通させることは、体裁だけはよくとも、実質がともなわないと感じますので、今は計画していません。まず配信のために、ピアノは自宅か、近場のピアノ専門スタジオで、自分でとる(録音)ことを考えています。

考えてばかりいても先に進みませんので、実験してみて無理ならば、近場のスタジオで、割り切ってとることになるでしょう。年内アップです。

今までには、録音しようとしても、そのたびに邪魔が入りました。しかし、父の死に伴う雑用もそろそろ終わりに近づきましたので、落ち着けそうです。まだ90歳の母が残っていますが、こちらはたまに世話をしているだけで、今のところは落ち着いております。

ところで・・・プロフィール欄にも、前回の記事にも記しましたように、友人のすすめにより、ご紹介に限って、西洋占術によるコンサルテーションを手がけております。ジャンルは、ビジネス、進路、芸術関係の相談のみです。

私の場合は、具体的な数値をはじきだすのが得意でして、たまに依頼されるわけです。これも私の能力の一部ではあると思いますが、コンサルテーションのみに、特化することはありません。

いずれにしても、前回の記事に書きましたように、今後は「現実化」に重きを置いて行動したいと思います。










 オーフィアス組曲 コメント(0)
さまざまな試み
最近は、カバーばやりですね。新しい曲はあまり必要ではないと思うこともあります。オーフィアスも新曲ばかりではなく、アレンジものも取り入れることにしています。

途中、芽吹きの会という震災で傷ついた動物のために、コンサートを催すのですが、ここでの楽曲はアレンジものを中心にすることにしました。

剣舞のシーンでは、宮沢賢治の「剣舞のうた」
子どもたちの合唱は、ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」
猫の手品のバックでは、ドビュッシーの「ゴリヴォーグのケークウォーク」

上記を肩の力を抜いて、アレンジすることにしました。たぶんドビュッシーはそれとはわからないかもしれません。

ところで・・
しばらく間があきましたが、過去にどうしても思うように書けなかった部分が、ほぼ完成に近づいています。曲は、盛り上げる部分より、流れ出していくところが難しいですね。

近々タンバリンのファンファーレを作ります。ここからがオーフィアスバリエーションのVar.3「天衣無縫に遊べ」はここから。このへんの音楽と文章との兼ね合いが難しく、考え抜き、何度も挫折しましたが、ようやくつながりました。

ところで・・・・・

今まで全く気づかなかったことがあります。ここ数年、自分に集中することができず、どこかおかしかったのかもしれません。外に出すときに、これほど長く、曲数が多いものをいっぺんには出せないということです。(私、1〜6章まで一度に出そうと考えていました。曲も劇伴のような、映像を生かすものではありませんので、独立性があります。)分けて出せばいいということ、気づきませんでした・・・

文章と音楽とはどちらかに偏ることはないんですね。最近は、新しい試みとして、文章+音楽どちらも大切にするというコンセプトで、プロデュースしておられる方もいます。>CD BOOKという過去にもある形ですが、これを「本」として出してしまおうという試みです。

話がバラバラになっていますが・・いくつかに分けて出すことと、仮にCD BOOKという形をとるにしても、どんな形をとるにしても、本として出せるように手はずを整えたいと思いました!今までモヤの中にいたような状況でしたが、考えがまとまったということです。


私は・・・・

作品作りました、といって自己満足で終わってしまうのは、性にあいません。おそらく現在も少し先も、音楽のみのビジネスは難しいと確信しております。

西洋思想と組み合わせた、新たなスタンスをたちあげたく思い、頭をひねっておりました。今のところ、私の能力にあった方法はほかにはありません。

特殊能力をみすみす捨ててしまうのは、もったいないと、40年来の友人にも説得されまして・・・

どのような方法であっても!文章+音を合体させた形で、流通させる必要があるのではないか?と考え抜き、悩み抜いていましたら・・・上記のような試みにぶちあたりました。

今は配信CDBOOKのような物品、などいろいろな形がありますね。私は欲がありますので、とりあえず全部やってみて、最も広がっていきやすい形でやることを決めました。

他に、過去の仕事の種類を見直してみての反省点。

いやなことはNOと言える強い意志力が、欠けておりました。克服するには、自信が必要だとの、答えに行き着きました。自分のやっていることが正しいと信じることには、勇気がいるのですが、私はオーフィアスを通して、自信をいただきました。ここ6年ほどの試行錯誤は、必要であったと確信がもててきました。

みなさまも、ご自身の心を肯定して前におすすみください。これは私の経験から言えることですが、一生懸命やって忘れることが大切です。否定ばかりしていれば、一生懸命やることからどんどんずれていってしまいます。本当にご自身が好きなことは、何か!よくよく吟味しましょう。人生は2回あるわけではありません。

いやなことをやっている間に、時間は過ぎていってしまいます。短い人生、好きなことをやってはじけてくださいませ。



 オーフィアス組曲 コメント(0)
生きるための意味づけは必要がない
今、音楽をつけている作品(はじめての自主制作作品ですが)は、台本と音楽とも私が書いております。

テーマは「生きるために意味づけは必要がない」ということです。先日もチベットの鳥葬をみておりまして、この方たちの根底にある奥深さを感じました。鳥葬とは、鳥に死体を食わせるのです。遺体は単なる箱であり、魂は天に昇っていくという思想ですね。youtubeに映像が残っておりましたが、今は映像をアップすることは禁止ですので、貴重なものでした。

生きとしいけるものは、平等なのです。自然の摂理にしたがって生きている。頑張って生きても、目的をもっていきたとしても、最後には無になるということ。なんのために生きるのか?ではなく、自然のままに生きる・・・

私、鳥葬をみていまして清々しいものを感じました。

オーフィアス組曲は2010年あたりから台本を書き始め、2013年に思想の勉強をしてから、大幅に書き直しました。書き直してからは、テーマも「生きるための意味づけは必要がない」に変化しました。

あのときから4年ほど経て、世の中の流れも変わってきましたね。特に、お隣の北朝鮮の件もありまして・・もし有事になったとしたら、今までの価値観はごろっと変容するのではないかと思っております。まさに、「生きるための意味づけは必要がない」 と思う方も増えてくるでしょう。

有事になったとしたら、死を意識することになろうかと思います。何も役立たない・・・と身をもって体験することになりましょう。そうならないことを祈るばかりですが・・・

私は狙って作ったわけではありませんが、世の中の流れがそうなってきてまして、驚いております。また2013年に、強くすすめられて勉強した西洋思想に関しても、必要であったと確信する時期が刻々と近づいてきていると思っています。

何事も必要であるから起きるのだと感じる今日この頃、直感を大切にして生きるべきと思っております。で、音楽に関しても、カチカチではなく、鷹揚な態度が必要と感じました。まだ具体的には音にしておらず、これから書いていくのですが、聴いて苦痛を感じる音ならば、書かない方がマシ。

テーマをわかってもらえるような音作りをすべきという結論に達しました。そういうこともあり、やっと音符を書き始めることにしました。自由度大きく、直感を頼りにします。

本日は午前中、とっても不快な音楽を聴きまして、絶対にこーいう音楽だけは書かないぞと、肝に命じました。現代音楽のようです。相撲がテーマになっているようでしたが・・・相容れないものを感じました。加えて体調を崩すほど疲れました。

こちらの耳が悪いのかもしれません。しかし一聴衆としては、古典のほうがいいのではないかと思った次第です。古典とは、日本音楽の古典です。私は日本音楽なんてよく勉強しておりませんので、細部まではわかりませんけれど、長唄などをきいていまして、古典の曲が優れていることは感覚的に理解できます。

なんでもいいから破壊することは、人の神経を逆なでしますね。私は古典を基盤とし、人が聴いて理解できる音楽、加えて気持ちのよい音楽でやります。たとえ古くさくても、オーソドックスなものを中心としたいです。

で・・・共感をもってもらえる方だけに鑑賞してもらえれば、十分だと、本日は思いました。
 オーフィアス組曲 コメント(0)