制作日記~Kaoru Mizuki

2017 04
03 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 05
「オーフィアス組曲」
音楽と文章からなる作品「オーフィアス組曲」を制作中です。キャラクター(動物たち)が現実と幻想の世界(生と死)を行き来します。キャラクターを通して、生きることの意味を追求するストーリーです。

生きることに意味はあるのでしょうか?みなさんはどうお考えになるでしょう?生きることに意味づけする必要があるかどうかは、私にはわかりません。

人の思いとは別に、自然は采配をふるい、喜びや悲しみをつれてくる。不条理な結果であっても、条理につながることすらある。人にとっては畏怖であっても、自然にとっては無為なること。生きとし生けるもの全ては、自然の流れにそっている。

このように無力で、無知なる存在のひとつが、われわれ人間であるのです。

登場するキャラクターは全て動物です。擬人化されております。擬人化の意味がわからないと以前ご質問を受けたことがありますが、それは2009年に亡くなったあるぬいぐるみ作家の存在があります。彼女、故宮島登志子さんは才能溢れる作家で、これから独自の作品を作ろうとなさっていた矢先に、53歳の若さで亡くなりました。彼女が若いときに制作したうさぎたち、また、死の直前、水のみで生き、痛み止めを打ちながら作った猫たち。彼、彼女らに息を吹き込み、生き物にすることで、亡くなった登志子さんの思いをつないでいけたらと、思いました。

彼女が亡くなる二ヶ月前、お電話で一度だけお話しました。「私はもう長くはありません。猫さんはいりませんか?生みの親より育ての親と言いますから。」などと話されたことをよく覚えています。

私は育ての親なのですから、彼、彼女たちを世に出す手はずを整えなければならないと思っていました。しかし、意気込みとはうらはらに、時間だけが経っていきました。(作品作りを始めたのが2010年、一旦ゼロに戻したのが、2013年。)

2013年暮れには音楽主流、文章主流の2シーンに分け、音楽主流の部分では不必要な説明を省き、聴く人の想像力にゆだねるように展開しつつありました。2014年5月下旬より、いよいよ本格的に曲作りに入りました。当初は打ち込みを多く使う予定でしたが、ピアノを主体とすることにしました。

2015年7月。一番の大作、オーフィアスバリエーションのスケッチが終了し、仕上げの段階に入りました。

2015年暮れには、オーフィアスバリエーションの後半1/3を仕上げ、2016年1月には、2011年に作曲したピアノとポエトリーリーディングのための「Addictus」を一部修正し、完成。2016年3月中旬現在、オーフィアスバリエーションの頭から、残り全ての仕上げに入っています。

他に、剣舞のシーンで宮沢賢治の「電信柱の歌」の編曲、過去の自作曲の編曲、少しのBGMが残っています。

2015年以前は、文章と音楽からなる作品として、独立して発表する予定でした。しかし2016年現在、大きく方向性が変わりつつあります。不特定多数の方に公開して、果たして作品として成立するか?(世に出せるかという意味)との思いが生じ、第一歩として実用的作品として生かす予定にしています。

2016年からアートキュレーターとして、活動をはじめます。ここでのアートとは芸術のみならず、ライフの意味もあります。キュレーターとは外国のそれではなく、それぞれの本質にあった方向に軌道修正するアドバイスをするという役割を指します。押しつけではなく、自主的に理解できるようになることを目指します。

このためのツールとして、西洋占術、カード、音楽を使用します。オーフィアス組曲はこのためのテキストとして使う予定にしています。結果的にはタロットカードのリーディングができるようになる、西洋占術で使うホロスコープが読めるようになる・・・人の手(例えば占い)を借りる必要がなくなり、自立できる。他に、タロットや西洋占術を仕事にしたい方にも向くと思います。

とりあえず第一段階に打って出ることを決めました。

他に・・・観賞用としてyoutubeにも一部をアップすることを決めました。こちらも第一段階ですね。


ここには、6年以上も訪れ続けてくださっている方もいて、感謝しております。できることなら今後も懲りずに見守っていただければと、思っております。どうぞよろしくお願いします。















スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)
ピアノの練習を始めました
オーフィアスの中で、今年録音したいと思っている曲、練習を始めました。以前から、音階などの基礎的練習は続けていましたので、違和感なく取り組めております。

残りの作曲には5月くらいからかかる予定です。4月中に、父の遺品の整理に三重県に戻ったり、相続の書類の手続きを終え、過去にピリオドを打つことになります。作曲には、6月から、腰を据えてかかる予定でしたが、一日も早く音楽に触れたい気持ちがありました。そのため、5月からということに決めました。

父が亡くなる前に、私の曲を聴きたいと申しておりましたのに、願いが叶わず・・・そういう意味でも、オーフィアスはきちんと仕上げて、世に出します。父を亡くしたことで、音楽に対する向き合い方も大きく変わりました。自分の中で、本当の音楽を書きたいという思いが膨らんできてきます。

過去に書いていたような曲には戻れないでしょう。その意味で、数年前からオーフィアスを作り始めたことが、自分にとっては大きな出来事となりつつあることに最近気づきました。

西洋占術関係の仕事も、教えることを100%としてやっていくことにしました。今はまだ、多少、別の仕事も依頼されてやっておりますが、年末にはゼロにするつもりでおります。これは副業であり、音楽を支えるものとして考えています。

いずれにしても、創作に落ち着いてかかれるということは、父の希望でもあり、私の希望でもありましたので、願いが叶ったことになるのでしょう。西洋占術的な見解では、2017年6月に、プログレスの月が土星と重なります。これは今後2〜3年、自分が何をやるべきか、決まる事柄が起きるということです。ちょうど29年前も同じ感覚でしたね〜

今でも、何をやるべきか、(居場所が見つかる)決めておりますが、再来月はもっと具体的に見えるのでしょうね。2017年2月からの人生の変動の大きさ、これこそ、年貢の納め時というのだなぁと感じています。

まるで大学受験をした時のようです。みなさんもご経験があるでしょうが、受かるか受からないかわからず、気をもむ、このような心境でした。今はようやく先がみえているものの、正式な合格発表はもう少し先になるといった感じですね。

ところで・・・

父が亡くなったのが、先月の22日でしたので、やっと明後日で、一ヶ月になります。この先は、一ヶ月ごとに、亡くなった父からも、少しづつ離れていくのだと思うと、寂しい気持ちもします。父の供養のためにも、音楽を続けることを第一にするべきなのだと思っております。

明日はイエルク=デームスさんのピアノを聴きに行きます。このような気持ちのゆとりも生まれつつある今日この頃です。

 オーフィアス組曲 コメント(0)
やっとのことで
先月、オーフィアスバリエーション中のテーマ「オーフィアスの謎」を完璧にあげました。メロディ主体の曲だったので、難しかったです。

今は、次のテーマへのつなぎを、大幅に手直し中です。やはり2015年後半から2016年にかけては、時間がなかったのだなぁと思います。あのときは、家が老朽化して、雑用が多くて大変だったこと、副業を何とかレールに乗せることに時間をとられておりました。曲の出来も今ひとつ、納得できませんでしたね〜

思い起こせば、あちこちで「曲が 曲が」と口走っておりましたが、いつかはできる時がやってくるものです。現在は心の中で、樹木の剪定のように、残す枝、切り捨てる枝をきちんと決めています。

先が見えてきたのだと、感じています。

オーフィアスバリエーションが最も大変ですので、まずこれを上げて、出します。そこからの出発ですね。

この年になりますと、どうでもいいようは曲は作れないです。徹底追及して、ベストな状態で作品を出したいと思っています。

上記の「剪定」のことですが、作品のことではなく、副業のことなのです。今まで続けてきたことを、一つ手放すつもりでいます。来月はもうはや3月。一区切りの時だと思っていますので、やめます。

ここに書いても何の事かみなさんにはわからないでしょうけれど、作曲を優先することに決定したということです。

今は、ドビュッシーのオーケストラ曲、「夜想曲」を聴いています。マゼールさんの指揮が好みです。有名な曲ですが、もしよろしければみなさんもお聴きになってくださいませ。

最近は、古典に親しむ方向に進んでいます。現代の曲も面白いですが、古典のほうがより大きな発見があるような気がしています。

ところで・・・26日には金環日蝕がありますね。でも日本では観られません。魚座の日蝕ですけれど、このような時には、一種の結論を出す時だと思っています。大体19年に一度、自分の星座で日蝕があるのですが、過去を検討してみました。

19年前は、例のここでよく愚痴っていた、合唱の世界に足を踏み入れる結果となったこと。
その19年前は、大学卒業した年でした。

二つとも、過去から足を洗う時だったのですね。今回は私の誕生日が触に当たります。何かを見送るのでしょうね・・・
今回は強烈かもしれませんわ。

また近々書きます。よろしくお願いします。
 オーフィアス組曲 コメント(0)
形にする
何かを形にするには、ナニモノがやるか?いうことが大切です。例として、「専業主婦が趣味で続けている西洋占術の本を出版したい」などといった望みがある場合・・・形になることはほぼないと思います。

形にするには、専門家としてだけではなく、売るための能力も必要ですよね?そこまで考えて、形にしたいというべきだと思います。

私の場合、西洋占術には興味がありませんでした。ほとんど関心のない分野でしたが、偶然このような形になってしまい、自分でも驚いています。そのため、のめりこまず、冷静に考えることができています。ただ、オーフィアスを作った、2011年前後からのことを思い起こせば、この作品を何らかの形で世に出すための西洋占術であるのだという結論には達しております。

また、自分の過去からも、音楽、西洋占術、どちらが欠けてもうまくいかないと予測しています。以前のように、音楽だけを追求していても、よほどのことがない限り、前には進まなかったと、今になって思います。音楽の世界だけでやるには、限界がきていましたから・・・

特に合唱分野においては、全く知らない世界でしたので、コネもなく、コネを作る気力さえありませんでした・・・大変いやな思いもしておりましたが、抜け出ただけでもラッキーだと思っております。


それはともかくとして、少し時間ができました。(時間を作るようにしました)音楽だけではなく、文章を教則本として生かす方法も進めることにしました。クリエーターの方のヒントになるような方法も兼ね備えていると思います。

総合して、作るということに、焦点を当てていきたいと思っています。


以前に予測を教える仕事もスタートすると書きました。出来れば良いのですが、最初にやることではないと思えてきました。もしやるとしても、細々とです。

教則本を作ることを目標にして、走ります。そのための修行として、2016年の書く仕事(予測三昧)があったのかもしれません。食事をする暇もないほど大変でしたが、このくらい勉強しなければ、なかなかわかるようにはならないのが、西洋占術の世界です。

今はほんの少し、前に進みましたので、私が理解に苦しんだ点などを、皆さんにわかりやすく説いていきたいと思うようになりました。そして、クリエーターの方々が、キャラクター設定をしたり、音楽家のヒントになるようなモノに仕上げていきたいと思っています。

今手がけている作品や、予測の仕事を通して、疑問を自分で明らかにし、その上で人に教えることが大切だということを身をもって知りました。

学問とは、人に教わり放題ではなく、自分で疑問を明らかにし、人に伝えることなのです。このような意味でも、作品を世に出したいと思うようになったのです。

だんだんと面白くなってきました。


 オーフィアス組曲 コメント(0)
作曲に戻りました
一昨日あたりから、また仕上げにかかり始めました。今までは、気持ちに余裕がなかったのですが、心が決まった途端に、楽になり、少しづつ進み始めました。

昨年末に、創作に復帰と書いたのが嘘ではなくなると思います。心が決まったという意味=今まで大変に時間をとられていたことから、離れていこうと決意したことです。

この件、続けて将来性はあるのか?
また、自分のやりたいことと連動するのか?ということですね。

カードを副業としていますので、尋ねてみましたが、「NO 縮小するのがよい」と出ました。

潜在意識は確かです。潜在意識というのは、自分でもわからない部分です。それがNOと決定づけているので、はっきり止めることに決定です。過去の経験によりますと、カードなんてものは関係ないと、逆の行動をとりますと、必ず!失敗します。数年前にも、そーいうことがあり、お金を損しましたので、とりあえず逆らわないことにしています。

最近、4年と少し使った、ぼろぼろのカードを処分しました。処分する前には、どういうわけか、カードがこちらの質問に答えてくれなくなりまして・・・これはカードではなく、自分の潜在意識が、動かしているんだなぁと思いました。カードは単なる紙切れですよ。ですから、捨てて大丈夫です。

で、新品を購入しましたところ、明確な答えが出るようになりましたので、安心しました。

皆、それぞれの人生があります。人生の目的に向かって歩みを進めるときには、変動がありますね。私も今過渡期です。ちょうど29年前も、今と同じ状況でした。

父が体調を崩しました。しかも今と同じ病気です。そして、父が回復に向かっていったとき、私が特撮ものの歌の仕事を2曲、いただきました。この2曲が始まりとなり、商業的作品の世界に多少なりとも足を踏み入れたということです。

今はあれから29年経ち、また新たなジャンルに移っています。自分の思いとは別の方向に進むのであろう、と感じています。計算してやったことはことごとく壊れますが、それでも思いは、遂げることができるでしょう。

自信ありげですが、それは過去の経験がありますので、わかるのです。

この記事を書いた今日から、新たな方向に進み始めました。今後は、昨年のように、ごはんを作る暇もなく、焦ることはないと思います。そーいう仕事に移行しつつあります。

さまざまなことで、金銭度外視でお世話くださっているK先生には、感謝の言葉しかありません。先生と最初にお会いしたときに、「長いつきあいになるぞ」と仰った言葉は本当になりました。今後も先生とは、お仕事でご一緒していくことになると思います。

オーフィアスを出す方向に、力を注ぎます。



 オーフィアス組曲 コメント(0)