制作日記~Kaoru Mizuki

2012 07
06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 08
オーフィアス組曲のメッセージ、予定
オーフィアス組曲のテーマ、トップにも書いていますが、生かされていること、生きることの意味を追求するとあります。

生きることの意味、みなさんはわかっておられるでしょうか?生きることの意味を追求することが尊いとか、生きる目的を追求しなければならないと思う方も多くいるのでは?

しかし、昨年の震災のことを思い出してみてください。直前まで生きることの意味を追求していたとしても、一瞬のうちに津波で命が奪われてしまい、全てがゼロになってしまった・・・震災ではなくても、一瞬のうちに全てが失われることはあると思います。

私もこの作品を作りながら、考えが変化していきました。生きることの意味はないという結論に達しつつあります。作品制作しながら、苦しみや悩みから開放されつつあります。理由は人に頼まれて作ったわけではなく、自分のありのままの姿をさらけだしているからでしょう。作ることに意味はありません。

生きることに意味を求めるから、人との比較を追求したり、人並みにと思うのでしょう。生きることに意味がなければ比較など必要ない。

自分の好きなことを、できるだけ楽にやっていけば良い。今はこのような結論に達しています。怠け者の生き方も良いものです。怠け者は案外、強いかも・・・

オーフィアス組曲、今は春編を制作中ですが、季節が進むごとに私の考えも変っていくことでしょう。現在は踊りの曲のアレンジに入ってます。テクノとインドネシアの音楽を合体させたような曲調です。来年には春編が9割がた完成予定。今までは絵の人選、ポエムなどに手間取ってなかなか先に進めませんでしたが、ようやく心配しなくてもよい段階にまできました。経済的な面でも心配しなくていい状態になり、創作にはベストな環境になってきています。

また、春編で終りではなく、テーマの「生きるための意味、目的」などの結論を出すには続けなければいけないです。

今後の予定ですが、遅くとも2017年には日の目をみられるようにするつもりです。2017年に初めて世に出すのではありません。それまでにちょぼちょぼとなんらかの形で、お披露目する予定でいます。その後は2020~2021年で完璧な状態になれば良いと夢を描いております。

曲も今までのような、サンプル的なものはありません。映像や文章はあっても、添え物になることはありません。絵はCG主体ですが、中で時空を越える部分には切り絵の手法を使います。

2012年後半、スピードをあげていきます。




スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(-)