制作日記~Kaoru Mizuki

2015 01
12 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 02
オーフィアスの嵐
今は中間部分の「オーフィアスの嵐」という曲をスケッチ中です。スケッチというより、全部書いているといったほうが、ふさわしいかもしれません。

天上からの魑魅魍魎の笑い声に始まり、あられ氷、強い雨、強風が倶楽部どくろを襲います。宮之島しろと花吹雪ノアはピアノで嵐を起こし、対決します。しかし、勝負つかず、キロン診療所のチーフ、フレンチブルドッグのロイスが太鼓の乱れ打ちで応酬します。

地上からはキロン合唱隊のメンバーが雨をおこし、加勢。ありとあらゆる手段を使って、魑魅魍魎を撤退させようとします。最後は雲を凍らせ、地上の皆がふりかざすたいまつの火で、空を焼き尽くします。聴衆には、燃えるような夕焼け雲としかうつっておりません。

空の果てからは、旅に出たまま消息不明であった、猫目石金平がラッパをもって現れます。金平がラッパを吹くたびに、笛をもった子猫が生まれでてきます。子猫どもは金平の指示で、笛を吹き、一吹きごとに時を流し、季節を前にすすめます。

あっと言う間に、時間が進み、初夏になっていきます。

はしょりましたが、このような音楽を作っている最中なのです。

ところで・・・
音楽以外のこと。作品を世に出すのに、音楽以外のアプローチが必要であるとは思っていましたが、今までは具体的にすすめていませんでした。今月の初旬、自分のほうから動いてみました。しかし紹介者がいるわけでもなく、先方はきちんとした会社であるために、メイルの返事はこないだろうと思っていました。

予想に反して、電話がかかってきまして、お話をすすめることになりました。大きな話ではありませんが、小さなチャンスを積み重ねて、道を広げていこうと思っています。

世の中を分析しまして、今は、音楽だけをメインとしてやっていくのは、よほどのことでない限り難しいのではないかと思っています。価値観にもよります。好きな音楽だけやっていって、お金はどうでもよい。それなら良いのですが、私の場合は、仕事に結びつけたいという希望があります。

これは昔から変わっておりません。

具体的に一歩前に進めた安心感ゆえなのか?曲を書くのも楽になってきました。まだまだ先は長いと思いますが、2015年は新しい人脈を得る時と考えています。みなさんも積極的に前に進んでくださいね。

スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)