制作日記~Kaoru Mizuki

2017 05
04 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 06
父の遺品整理に
先月、演奏会の翌日、大慌てで行ってまいりました。相当疲れましたが、行ってよかったです。亡き父が背中を押してくれたのか?今後の方向性は、よほどのことがない限り、変わらないことを自覚いたしました。

音楽活動メインであとは、付録ということです。ただ、この付録がなければ、物品を出すことができないので、必要なことだと考えています。

ピアノの練習をしておりますが、以前よりすんなりと練習にとりかかり、少しの時間でもうまくまとまるようになってきました。12日くらいから、作曲にかかります。無駄なことは、今後はできるだけ省く予定で、もう少し綿密に予定をたてていきます。

それから、コンサート。バッハ以前の音楽を聴いてみようと思い立ちました。たとえば、モンテベルディ。オペラの演奏会が秋に予定されているようなので、聴きにいきます。>バッハコレギウム合奏団

現代音楽もいいですが、歴史の流れに乗っていないものを聴きたくなくなってきたこともあり、疎遠になっております。それなら、銀座に舞台もできたことですし、を鑑賞したほうがいいのではないか?とも考えております。

耳障りな音は聴きたくないし、新曲にしてもあまりよく出来ていない曲にお金を払うことはいやなのです。(不協和音がどうのこうのではありません!)面白い曲ならいいのですが、「聴きにきてほしい」と頼まれて、無理矢理チケットを買わされて行ったり、招待された演奏会は、どうもだめです。

今まで、このような演奏会に多数行きました。でも大部分が自分には合いませんでしたね〜 自分が聴きたい演奏会に、お金を払って行くのが一番です。

やっとこの年になって、「自分の好きなことをやろう。これから良い曲書くぞ〜」と意気込めるようになりました。自分の好きなジャンルは、自然を意識した、感覚的な音楽です。こちらを追求します。

亡き父の遺品をとりにいきました三重、今後も訪れたいです。自然の音を録音するには、故郷の山がいいかなぁ?とも思っているのです。また、伊勢や松坂にも行ってみたい・・ほとんど行ったことがありません。今頃になって、懐かしく思えるって、何でしょう?

また書きます。




スポンサーサイト
 その他 コメント(0)