制作日記~Kaoru Mizuki

2017 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
近況
最近は特に、世の中の流れが早くなり、変化も激しくなっていると感じます。私も数年前とは全く違う価値観をもち、作品も仕事の内容も変化してきたと思います。変化とは、過去の実績は通用しなくなり、全く新たな方向に進んでいくことを意味すると思います。

最終的には、誰でも自分に一番似合う場所、必要とされている場所に落ち着くと確信してます。私の場合ならば、幼少の頃に戻ること。あの頃は、自由に、誰にも習わずに、作品を作っていました。絵、詩などの形を借り、ファンタジーの世界で遊んでいたように思います。

その頃から、虫や動物、風や雨などをモチーフに作品を作っておりました。幼少の頃と今とは全く変わらず、創作中の「オーフィアス組曲」にも5歳の頃に書いた描写を取り入れました。考えていることは、昔も今も変わっていないのが私の特徴です。

学校や先生の元で、習ったことを踏襲していく人もいますが、私は幼少の頃から習わずに作っていたため、やはり今でも、学校や先生の教えは捨てる方向に進んでいます。どうにも型にはめられることが苦手で、正統的な書法からははずれています。

オーフィアス組曲にはCGがつきますが、映像に音楽をつけるといった劇伴風の作風ではなく、音楽も絵も同等の力をもつ方法でやっています。こうしなければいけない、とか、これが普通というのは、自分の作品には一切ありません。

余談ですが、上がってきたCG、それはそれは素晴らしいものです。ポエムの絵ですが、絵だけみていても、癒されます。思い描いた世界観にぴったりの絵です。(お披露目はその時の状況によると思います。)

この作品については、作り出す前からある方に、予言めいたことを言われてまして・・・全く信じていなかったのですが、偶然が偶然をよび、形になりつつあり・・・自分にとっては一番大きな作品になるだろうと感じています。

もしかしたら人は、生まれ落ちたときから、何をなすべきか、決められているのかもしれません。人生にシナリオはあるのかもしれません。われわれはDNAの技に転がされているだけなのかもしれません。





スポンサーサイト
 その他 コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/201-95a47d76