制作日記~Kaoru Mizuki

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
オーフィアス組曲 続編
本当に早いものです。もうすぐ2012年も終了。私事ですが、今年はたくさんのものが壊れ、新しくした年でした。家電、電話、外付けHDDなど。オーフィアス組曲の、キャラクター、宮之島としがポエムに書いているように、「新生」の年であったと思います。

ところで、オーフィアス組曲、現在は春編のストーリーだけが大体上がっておりますが、来年からは続編の準備に入ります。大体テーマは決まっています。春編が長いので、続編を上げると同時に、少し削る部分も出てくると思います。そして、続編、「夏、秋、冬」を上げることにより、今までよりもっと言いたいことがはっきり読み取れるようになると思います。

この作品の文章は、2010年に書きましたが、その当時と今ではだいぶ変化しており、続編のほうがよりうまくなったと思えるだろうと、希望的観測でみています。今は文章や絵について、明確な助言をいただける人に出会えました。この方との出会いにより、安心と自信が生まれてきました。

夏、秋で、たくさんの変化が置き、生きることに意味や目的がないことをキャラクターがたちが知ります。しかし、それで終わりではありません。その後については、今の時点ではここには書かないでおきます。また来年になって、必要が応じたときに書きます。

人生には必ず転機がつきまといます。転機をどうとらえるかによって、後々の生き様が変わってくると思います。

現在は、音楽制作をしています。前にも書きましたが、文章、絵の伴奏に徹するわけではなく、会話の部分でも意味のある書き方をしています。単なる劇伴奏用音楽ではないということです。

文章を書き、音楽を作ることによって、私の人生も大きく変化を遂げつつあります。みなさまも、何かをやりたいと決めたら、恐れずやってみてください。上手、下手以前に、何かをやりたい、作りたいという気持ちがあれば、成功します。これをやったから、「どれだけ人が注目するだろうか?」とか「儲かるだろうか?」とか「失敗して顰蹙をかうのが怖い」と考えることに意味はありません。

また書きます。
スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/206-7d14e657