制作日記~Kaoru Mizuki

2017 05
04 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 06
ご無沙汰しております
2013年ももうはや、2ヶ月が過ぎようとしております。雑用、いろいろな変化があり、なかなか更新ができませんでした。

作品制作のことですが、来月(3月)からは、定期的にアドバイスを受ける形ですすみます。過去にもアドバイスを少しは受けていましたが、意見をきく程度のレベルでした。確実に結果を出せるよう、覚悟を決めたということです。

人との出会いは大きいです。無意識のうちに動いて、出会ったことが、あとあと大きなチャンスとなっていくこともあります。今はそれを強く感じるときにきています。

気持ち的にも以前とは違ってきておりまして、安定に向かいつつあります。以前は、仕事上のパートナーがいたものの、お互いの資質が合わなかったため、ほとんど何もモノになりませんでした。やはり出会うべくとき、出会った人でなければ、何かを成就させることは難しいのだと、思っています。

過去のいやな思いも必要なことだったと考えるようになりました。その意味は「二度と同じ道を歩ませないための出来事」と考えています。

普通、創作活動というのは、いやなのに無理をしてやることではありません。仕事であれば多少はいやなことがあって当然ですが、それに見合う対価が与えられるために、納得できるわけです。が、しかし、対価にも納得できず、無理をした。それは決して私には良い結果を与えなかったです。

そうならないために、最終的に自分が納得できる作品を制作するためには、以前と同じ環境や考え方では成就しないのだと、教えるための出来事だったと思います。なんだか、ずらずらと書いてわかりにくいと思いますが、簡単にいえば、過去の失敗は未来の自分への薬になるのだということです。

作品のことですが、音楽の根には哲学がないといけないと考えるようになりました。一曲一曲に意味をもたせて書こうと企んでおります。それでいて、肩の力を抜いた遊びっぽい曲。そんな曲が少しできたところでしょうか?

近いうちにまた書きます。音楽をどうしたこうしたも含め、内面の変化についても書いていきたいと思っています。よろしくお願い致します。







スポンサーサイト
 その他 コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/211-94adb718