制作日記~Kaoru Mizuki

2017 07
06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 08
レッスンに通っています
今月に入ってから、毎週、タロットのレッスンに通っています。何かを教えてもらうのではなく、先生の事務所で、「これはどう?」と尋ねられ、カードを展開します。学校の授業のように教え込まれるのではなく、独自のやり方で占断します。

主として、先生の悩みを(課題)占うのですが、今までに2度レッスンを受けて、大概当たっていると言われました。しかし、まだプロになるには、言葉の使い方が荒削りだそうです。プロの方は、もっと洗練された言葉を使うのだそうですが、これ以前に、カードの意味を覚えてなくて、解説書を見ながら答えています。

私も楽しくてやっているので、わざわざカードの意味を暗記していくような努力はしたくありません。

占星術のほうは、まだまだ教えられないと言われてます。もっとタロットが完成されてきたら、プロの星読みを教えてくださるそうです。カードのような偶然性による占いと、占星術のような生年月日によるかっちりしたものを組み合わせてこそ、占断に確実性が得られるのです。

私のホロスコープですが、ネイタルといって、生まれた日時でみた人生。100%に近く当たっています。私はこういうものは全く信用してなかったのですが、当たっているので認めざるを得ないです。ホロスコープ通りの人生を歩んでいるようです。

作った作品や曲、会社の移り変わり、節目などが全部・・・何年に何があるなどが、全てそのとおりであることは、未来も当たるのかもしれません。先生は未来は不確実なもの。断言することは良くないとおっしゃいます。ただし、このような思想もあると受け入れることで、生きるのが楽になる側面もあるとおっしゃいました。

ホロスコープをながめてみて、背伸びしたり、比較したりすることが無意味だと思えました。自分にしかできないことをやるが大切。誰それさんのように、何々先生のように、などと目標にしても、難しいだろうなと思います。たとえば、40歳にして惑わず、全員がこのようになれるとは限りません。

人生の華が10代の人もいるし、60代の人もいる。それぞれ、誰でも一生に1度、花開く時があります。その時を占星術で予測できたら、楽になれるかもしれません。


人との出会いも大切です。私も音楽の世界以外ではあまりつきあいもなかったのですが、少し前から違う世界の人との交流もでき、また、私自身、音楽以外にも才能があることを見抜かれ、驚くと同時に、不思議な気持がしています。

これもすでに決まっていたことかもしれません。ある方が、人生にはシナリオがあると言っておられましたが、もしかしたら、正しいかも・・・いずれにしてもあまり考え込まず、流されていきたいと思います。

風まかせもいいものです。











スポンサーサイト
 その他 コメント(-)
トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/213-9f2039b9