制作日記~Kaoru Mizuki

2017 09
08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 10
近況
5月中旬〜少し前まで、体調が悪かったのですが(主として風邪をこじらせたための咳)ようやく完治に近くなってきました。今回は風邪くらいとバカにできないものがありました。元々喉が弱いので、風邪に気に入られたようで、ずいぶん長居してくれました。>咳の風邪

ほんの少し、檜のアレルギー性の咳が残る程度になってきました。

さて、文章のほうですが、進めております。みろくさんにお任せするとはいえ、全くゼロから書いていただくわけではありませんので、2010年の文章を発展させて、新しいものを生み出している最中です。

並行して、趣味のレッスン、占星術やカードについては続けています。私の先生が、企業研修などにも手を染め、現実重視であり、また教えこむ人ではないので、ほぼ息抜に近い形で伺っています。

遊びながらも、聞きかじった知識を元にしてある程度のことはわかるようになりました。先生は、生きやすくするためのツールの一つにしかすぎないとおっしゃいますが、それでも過去をみわたしてみると、全て当たっているのが不思議なところです。

川村カオリさん blogここをクリック 

生前中の川村さんが「人生にはシナリオがあるのでしょうか?」と書いていたのをよく思い出します。
上のサイトには、「あるがままに生きる」とありますが、そのとおり。あるがままにたどった道が、全てホロスコープには書かれているのです。

過去も未来も。

不思議でしょうが、そうなっているのです。全てが自分の意志。ですから、だめなら方向転換すれば良い。人生の地図には「方向転換」が描かれているのだから、何も怖がることはない、と思うようになりました。

自分のチャートは自分のものですから、自分にできないことが起きるわけはありません。乗り越えられないことは描かれていません。

生まれたときのチャートをネイタルといいますが、ネイタルに書かれていないことは、人生では起きるわけがないそうです。

ですから・・・自然体で進んでいけばよい。そう思いつつ、書いています。

音楽のほうは、最近西洋クラシックをよく聴くようになりました。

オーケストラ、ピアノ曲。指揮者では、メータさん、マゼールさん、ヤンソンスさんなど。ピアニストではキーシンさんなど。聴くだけではなく、ホロスコープを作って、自分との共通項は何かと、遊びながらやっています。結果、必ず共通項があり、納得しています。

ショパンのソナタ・・・さらっている曲ですが、こちらも西洋の文化(神話や聖書など)を勉強しはじめてから、見方が変わりました。今後の自分の曲にも、大いなる影響、発展があると思います。

しばらくしたらまた更新します。











スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/219-6c965125