制作日記~Kaoru Mizuki

2017 07
06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 08
大晦日
2014年も今日で終わり。私にとってはとても時間の進み方が早い年でした。オーフィアスの作曲については5月末から少しづつ進めていきました。本来ならもう少し早くスタートしたかったのですが、4〜5月初旬にかけて家の老朽化、個人的な人間関係のトラブルなどがありまして、遅れてしまいました。

他に7月いっぱい治らなかったひどい風邪、12月の神経痛(年寄りくさいですが)などで、予定どおりすすまず、その度にイライラしました。今回はあまりの痛みで、1週間ほぼ休みましたが、昨日あたりからようやく元気になってきています。

偶然とは思いますが、土星の射手座入り(12/24)から約1週間ほど、具合がわるかったです。占星術では、星が移動する時というのは、なにかしら影響があるといいますが、いかなものでしょうか?

私の場合、土星回帰ですし、おまけに調べたところ、プログレスの月が8ハウスの天秤〜9ハウスの蠍に移ろうとしているときでした。こじつけかもしれませんが、昨日チャートをみてそう感じました。

ハウス(思い切り直訳ですが、家のことで、地球を12分割するという考えです。12宮といい、シュトックハウゼン黄道12宮というオペラを作曲していますね。)の移動は、人生を大きく変えていくように感じます。自分を例にとれば、2012年秋〜2014年暮れあたりまではこもって何か一つのことを追求している時期でした。→カードをはじめたのも2012年秋でしたし、その後先生に1年ほど個人レッスンを受け、オーフィアスの文章を書き直し、2014年からは作曲に入りました。


今はプログレスの月が9ハウス入りしたところですが、気持ち的に外に出て行きたくなってきていますし、ここ2年半くらい特定の分野の人としか交流していなかったのですが、今は少しづつ外に向けて交流をするようになってきました。意識しているわけではありません。

思えば、今までの人生の中で、2012〜2014年ほど、内にこもった時期はありませんでした。また今年ほど作曲だけを続けた年はありませんでした。20代後半に似たような時期はありましたが、友達と遊んだりは普通にしていましたし・・・今回はそういうこともなく、ストイックな日々の連続でした。


それはともかくとして・・・
神経痛で1週間休んで、心に浮かんだ事。もっと肩の力を抜くべきなのではないか?将来を見据えて、きちんと地に足をつけてやっていけるように、じょじょに、別方向へ移行する必要がある。(音楽だけではなく、ということです。)今までさんざん奉仕活動のようなことをやってきて、結果が出たようで出ていないのは、自分に合わないジャンルを義理でやったこと、そのジャンルに将来性がないことが原因である。

たとえば教員の方なら理にかなったジャンルだと思います。しかし、私のように定職をもっていない人間がやることではないと、強く思いました。本気になってやったら、経済的に破綻します。

それでも自分から切り捨てたことで、難を逃れたと思います。(これは占星術のおかげでもあるのです!知人に占星術を副業でやっている人がいて、占断してもらいましたので。)今年の後半、切り捨てたのに、またコンタクトをとってこられましたが、それはご自身の立場を守るためだけのもので、私のためではないことは気づいてました。このような考え方が以前はできませんでした。甘い人間だったこと、外の世界をみて、考えが変わったのですね。

痛い経験をしたことを糧にしたいと思っています。

いろんな人生がありまして、変わらなくてもいい人、変わらなければやっていけない人がいます。私は後者ですね。みなさんはどうなのでしょうか?

いよいよ明日からは2015年。いろいろな苦労はあるでしょうが、前向きに、肩の力を抜いて、楽しく、歩んでいこうと思っています。皆様にも、素敵な日々が訪れる事を願っています。

今後ともよろしくお願いします。















スポンサーサイト
 その他 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/272-66792c30