制作日記~Kaoru Mizuki

2017 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
魔王 火祭り
今日から音楽の仕事を始めます。

オーフィアスバリエーション中の一曲、オーフィアスの火祭りについて考えているとき、頭に、魔王が浮かびました。魔王といえば、シューベルト。

魔王は歌曲のほか、リストがピアノ版に編曲したものもあります。魔王はとても好きな曲で、未だによく聴いています。

シューベルトの魔王とは別の話ですが、魔王と火祭りとを同居させることはどうだろうか?と考えました。いろいろとみていたのですが、鞍馬の火祭りという、有名な祭りがありました。

キロン合唱隊の面々が、松明を天にかざしている途中に、オーフィアスの火祭りがノアのピアノで演奏されます。これと似たような場面を、鞍馬のウエサク祭りで発見。満月の祭りだそうですね。オーフィアスの1章中にも、満月祭りの曲を書きました。

私は鞍馬には一度行ったことがありますが、懲りました。途中の神社まではいいのですが、その先の山道は普通じゃない。木の根が張ってます。と中で、杖をついたご老人の方がものすごい山道を普段着で登っておられました。結構強いんです。私はその方たちにも負けてました。(行きたくて行ったわけではなく、連れがどうしても行きたいというので、仕方なく山を登りました。)帰ってきたら母親が怒りました。

「あんなところは普通の人が行くところじゃないの。京都市内とは気温がだいぶ違うし、寒いし〜。怪我でもしたらどうするの!」

二度と行きたくない場所です。しかし、ネットでみたところ、最近はスピリチュアルに凝ったうら若き女性や、かなりディープな男性も(某宗教団体の教祖みたいな感じの)集まっているようです。信じるということの怖さを感じます。

わざわざ交通費をかけて、都内から行く人がいるときいて、びっくりしてます。そういう人たちって、パワーストーンなるものを、手首に何重にも巻いています。スピリチュアルに凝っている人、商売にしている人たちは、ほとんどが石にすがりつきます。そのへんがわからないところです。

石に願いをかけて、何か良いことでもあるのでしょうか?いずれにしろ、そーいう輩にお近づきになると、物品を売りつけられたり、セミナーでお金を使わされたりとろくなことがありません!喧嘩してでも、私は近づかないです。

それはともかくとして・・・

ウエサク祭をみて、自分の想像した世界はこんな感じだったのでは?と思いました。満月祭りがあったことは、ここ数日前に知ったこと。人間の考えることは、そんなに変わりがないのかもしれないな、と思いました。

シューベルト=魔王




熱病に侵された子どもの精神と父親の気持、魔王の誘いとの対比が素敵です。シューベルトは教え込まれた人じゃないですね。素晴らしいです。





スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(2)
コメント
----

 こんにちは。

 鞍馬には大学生のときによく行きました。出町柳から叡山電鉄に乗って・・・というのは懐かしいです。主に友人が行きたいと言って案内していた場合がほとんどですが。確かに、木の根の這う歩きにくい道ですよね、「二度と行きたくない場所です。」には笑ってしまいましたが(笑)。

 創作活動は順調に進んでおられるんですね。瑞木薫さん自身が作曲されているときの季節感なども反映されているのでしょうか。完成を心待ちにしております。
by: Komenius * 2015/05/10 22:52 * URL [ 編集] | page top↑
--こんばんは--

>  こんにちは。
>
>  鞍馬には大学生のときによく行きました。出町柳から叡山電鉄に乗って・・・というのは懐かしいです。主に友人が行きたいと言って案内していた場合がほとんどですが。確かに、木の根の這う歩きにくい道ですよね、「二度と行きたくない場所です。」には笑ってしまいましたが(笑)。

あのときは、鞍馬に行くだけで、まさか、山登りをするとは考えてもいなかったので、ハイヒールでいきました。一緒にいった人物は、山歩きが趣味で、なんでもなかったようです。「こんなの大したことない」と言ってました。その人も、今は80代で、腰を痛めています。私は山から降りるのが怖かったです。ハイヒールではつるつるすべるし、下を見るとがけっぷちのようなところ。生きた心地がしなかったです。

今度いくときは、山登りではなくて、料理を味わいたいです。

>
>  創作活動は順調に進んでおられるんですね。瑞木薫さん自身が作曲されているときの季節感なども反映されているのでしょうか。完成を心待ちにしております。

今の作品は、全般の季節は春ですが、最終の章で、初夏に移っていきます。季節を変えるのは、猫目石金平という猫と、彼が吹くラッパから生まれる子猫たちです。

続きは、夏と星のバージョンにしたいと思い始めました。が、しかし、その頃になったら、生活環境が激変しているような予感がします。良い方向に変化すればよいといつも思っています。

今後ともよろしくお願いします。




by: orange to(瑞木薫) * 2015/05/11 01:38 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/293-ed38cc33