制作日記~Kaoru Mizuki

2017 09
08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 10
6月
2009年の6月に、オーフィアス組曲のヒントを与えてくれたぬいぐるみ作家、宮島登志子さんは亡くなりました。
あれから、6年も経ったのですね。未だに彼女の作ったぬいぐるみの中の5匹は私と一つ屋根の下にいて、元気に暮らしています。

彼女が天に帰って行った月、(6月)オーフィアス組曲も一つの区切りがつくところまで進んできました。住まいも、一部新しくなります。大規模修繕ですので、部屋の1/3くらいが新しくなります。

6という数字は、私の使用している占断では、等価交換の暗示があります。もしカップの6が出たら、お互いに思ったようになる。つまり二人の間の気持が通じ合う。棒の6なら、お互いに腹をわって話せる関係であること。こちらは集団の間での交流。剣の6なら、感情ではなく、技。複数の技でもって、注意深くことを進め、前進していく。コインの6ならば、結婚するとか、契約するとか・・・気持が具体的に形になる。

こんな感じですね。なんとなく今の私の状況に似ています。やったことが形になってきている・・・しかしまだ終わりではない。6という数字はまだ先があるのです。完璧に終わりになるのは、1です。1という数字は10の力でも難しかったことが、一ひねりするだけで完璧になるという大きな力を暗示します。

なんだか宗教的ですが、ピタゴラスも似たような理屈を信者に解いていたようですよ。私はピタゴラスの理屈を借用して占断しています。

それはともかくとして・・・2015年6月は私にとって
新生の月であると感じる今日この頃です。

新しい自分になる=自分を変えたいと思うことですが、なかなか思うだけでは変わりません。一番効果的なのは、住居を変わることであると、多くの方が述べておられます。引越しをすると、人間関係も、仕事も、変化してしまいます。つまり環境が変化することにより、自分が変わらざるを得なくなる。価値観も必然的に変化する。

リフォームは引越しではありませんが、部屋の構造が大きく変わった場合、掃除が楽になったり、ストレスが軽減されることで、考え方も変化すると思います。書くことにも集中できますし・・・

約1年の間、お湯は外で使っていることが多かったです。そのための時間のロスは大きかったです。外でお風呂に使ってのんびりするのは、隠居した人、何も仕事がないときにやることだと想いました。また、水回りが老朽化していたため、掃除を頻繁にしなければ暮らせなくなったりと、体力的消耗も激しかったです。

来月の終わりには全て解決していると思ったら、ほっとして寝入ってしまいました。

オーフィアス組曲、来月には、全体が見渡せるようになるでしょう。約1年ほどかかったということでしょうか・・・新しい曲は、来月で終わり。ちょうど終わり頃に、工事が始まります。本当はもっと早くと思っていたのですが、住まいの管理規約などがあり、中旬以降になってしまいました。

工事は9日間で終わりますので、その後は編曲数曲と、BGMの作曲に入ります。で、秋も深まった日には、ネットに少しづつアップする予定です。

曲とともに、私生活が進むなんて、なるようになっていますね。みなさんも、きっとそうだと思います。私だけ特別なわけではありません。みなさんも、無意識のうちに人生の駒を進めているのだと思います。星の動きなどは、古代の人々が星空を見上げて、勝手に星々を線で結び、人生をなぞらえたのだと思えてきました。

星空から、幾何学が生まれ、宗教から代数が生まれ・・・全ては偶然で結び合わされているのだと思う今日このごろです。

私も2009年以前は、オーフィアスのような自主制作をすることになろうとは思ってもいませんでした。このような人生を受け入れることになろうとは・・・思ってもいなかったです。今は変化の途中ですが、工事以降は一段と変化した自分になると想像しています。

みなさんも自然の流れに耳を傾けてください。何かをつかむことが、必ずできると思います。
スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/299-d92fa55f