制作日記~Kaoru Mizuki

2017 05
04 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 06
言葉ではとても素晴らしくても
リフォームは予定どおり終了し、片付けも大部分終わり、やっと腰をおちつけたところです。しばらく音楽の話題から
離れていましたが・・・書かなくてはいられないことがありました。

リフォーム中、暇つぶしにみていたサイトがありました。そのサイトの主はよくはわかりませんが、おそらく学部はよそで、大学院だけは、芸大。何がご専門かはわかりませんが、推測したところサウンドデザインを手がけていらっしゃる。プログラマー的なこともやっている・・・録音もやっていそうだ・・・作曲も編曲もやっている。

とサイトの様子からはマルチに活躍している方で、あちこちから仕事の依頼もあり、すごい人だと伝わってくるものを感じたのは、私だけではないと思います。CDも出されているようで、試聴してみました。クラシックの編曲もので、古典をサウンドデザインした????ような感じでした。

打ち込みがかしゃかしゃと鳴っている音楽と思ってもらえればいいです。一曲試聴、二曲目試聴、同じような曲調が続きます。次にワーグナーがあったので、聴いてみました。わかりません・・・わたしにはどこがワーグナーで、どこがバルトークなのか・・????理解不能な音楽でした。

同じような曲調が20個くらいあり、それらが一枚のCDに収まっています。人生初の、わからない音楽でした。

普通は、ダメならダメ、良いなら良いと、判断をつけられるのですが、この方の音楽は判断をつけられません。無理に判断したら、どちらかといえば、「CDは欲しくない」ということでした。

しかし・・・この方、頭が良い人とみえて、音楽で語ることより、文章で語ることには向いておられるようです。すごく説得力があって、わかりやすい。音楽を作り、文章の説明をつけて聴かせるという新種の方法なのかもしれません。

音楽と他の分野との一体化を狙っているのかもしれないと思いました。私も同じことを狙っていますが、手法が違いすぎてわかりませんでした。

作っている人は楽しいでしょうが、聴かされる者にとっては全く楽しくない音楽が目白押しです。今までにない新しい音楽だそうですが、これがアートというものなのでしょうか?二度と聴きたくないものを作って、次世代にどうやってつなげられるのか、疑問に感じています。

駄作だから聴きたくないというのなら、わかりやすいのですが、駄作と言いきれる要素がありません。考えてみると、駄作と言い切れることは発展の余地があるのかもしれないと感じました。

書いていて自分もよくわからなくなってきましたが、悪いところがある曲は、伸びる可能性大であること。悪いところがある、才能がないと指摘されること=聴き込まれているからです。批判される部分以外に良いところがたくさんあるからだと思います。スタンスをかえれば、悪い曲→良い曲に化ける可能性もあります。

時代、国、その他さまざまな要因で・・・

そーいうところが感じられない曲を作っている人が、アートを語ることができるものかとも思うのです。ちょっと見たところかっこいいより、泥臭くてもかっこわるくても本音で語ることが大切なのではないかと思いました。

スポンサーサイト
 楽曲分析と演奏 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/304-fb5feed7