制作日記~Kaoru Mizuki

2017 07
06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 08
やっと・・・・
やっと今日、譜面をプリントアウトし、お送りしました。PDFの場合でもなんでも、プリントアウトする前には、サイズを合わせないとだめなんですね。それやってなくて、お店の人に教えていただきました。

その後大急ぎで郵便局で発送。次はバスで六本木まで、移動。買い物をして自宅へ。ここのところ、3時間も外でうろうろしていたことはないのですが、いつの間にか時間が経っておりました。

長井先生からお葉書をいただきました。自主制作の演奏会は最後みたいですね。>4月30日 でもこれが終わりではなく、今後も、新しい方向に前向きに進まれるようですよ。

4/30の演奏会では、長井先生のご好意で、私の曲をアンコールで弾いていただけるかもしれません。未確定なので、「かもしれない」という表現になっています。この曲は2011年に作った後、手直しを繰り返しました。2011年に書いた頃は、どういうわけだか腕が鈍っていたと思います。理由は、教育用作品でも、メロディ主体で、大ざっぱな曲作りをしていたためと思われます。

O社の担当者は、音楽が全くわからない人でした。そーいう人が上にいるものだから、こちらも合わせざるを得ない。次第につまらない曲を書くチャンスしか巡ってこなくなる。音楽がわからないなんて、書いていいのか?と思われる人もいるでしょう。これはご本人の口から、2014年に電話で伺ったことです。(私が質問したわけではなく、ご自身で、わざわざ4年ぶりに電話をかけてきて、お話になりました。)

わからないのに、音楽出版の会社に入ってくること自体、首をかしげたくなります。

要するに、わからずやと仕事をしていると、こちらの感覚まで鈍ってくるということですね。会社の看板だけが立派で、人材はゼロ。こーいうところとつきあわなくてよくなったのは、嬉しいことです。

話を曲に戻します。
譜面にしてみて、我なりによくできているなと思いました。でもこんなので満足していてはいけません。まだまだ大曲を仕上げていかなければなりません。


オーフィアスの曲については、2014年以降、本腰を入れました。毎日曲を書いていると、それなりに腕が上がるものです。今回も、多少手直しをしまして、以前の未熟さに気づきました。未熟に気づくということは、本腰を入れたことの、結果が少しは出たものと思われます。

ところで・・・
人との出会いというのは大きなものです。昨年秋くらいから、音楽だけではなく別の分野でも新しい出会いが増えてきました。これらのいずれかが、将来につながっているか?全てがつながっているか?わかりませんが、出会いを大切にしたいと思ってます。


元々私は現実主義で、夢は叶わないものだと思っています。ですが、たまには夢を追って、幻想の世界に酔うのも、生まれつき海王星が強い私に許された、小さな贅沢かもしれません。

時事ネタに少し触れます。清原選手捕まりましたね!彼を占星術的にアナリーゼしてみますと・・・海王星のハードアスペクトが目立っています。海王星というのは癖の悪い星でして、彼は悪い作用を受けたんでしょうね。夢見の星ですから、ドラッグ、酒、女性などに溺れる可能性があります。

生まれた時間にもよるので、全員がそういうわけではありませんが・・

海王星のハードアスペクトをたくさんもっている人は、芸能、アートには向いています。ですから仕事を選んだほうがいいんですね。実業は向いてないと思いますよ。人に夢を見せるのが得意だから。

ちなみに私も海王星とのアスペクトがたくさんあります。しかし、ほとんどがソフトアスペクトなんです。そのへんが違っていること、他の星との組み合わせが違うので、現実的なんでしょうね。

人生は星だけでは言い尽くせず、環境、遺伝などによって、変わってきます。星の配置は一部だけなんです。
いずれにしても、今年ははじまったばかりなのに、楽しげな話が多く、自然と笑みがこぼれてきています。












スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/334-9acd9bf4