制作日記~Kaoru Mizuki

2017 08
07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 09
体力とかいろいろ
全ての創作、演奏は、体力が基本です。作曲でも家にこもって、何となくやってるように思われますが、体力が必要です。体育会系というと語弊があると思いますが、インスピレーションはほんの少しで、あとはテクニックで書いていきますね。

楽器もそうではないでしょうか?

他のことも同じ。というのは、年末から年始にかけて、12占星術予測の文章を書きました。これがすごく大変でした。バカでも書けるのではないか?とタカをくくっていたら、かかりっきりになり、しかも正月まで食い込みまして、お休みがなかったです。それでも、以前からやりたかったことなので、満足しました。(12占星術予測は、リンクを貼れるように工事してもらっている最中ですので、終わったら貼ります。)

星の動きは世界中同じです。これをどのように面白く読ませるか、いかに共感をもっていただけるかを考えると、そうは簡単に書きとばせません。私一人がやっているわけではなく、サイト運営者のチェックが入り、今後のお仕事にも影響しますので、時間をかけてやるしかない・・・それには一にも二にも体力になります。

何にしても身体を大切にしてこそです。某有名占星術家の方も、同じことを書いておられ、共感しました。このような当たり前のことをおろそかにしがちになるのは、もしかしたら、プロではないのかもしれないと、思う今日この頃です。

私、来週の金曜日(26日)で、生誕60周年を迎えるのです。

60回目ということで、星回り的には転機を迎えております。私は射手座土星ですので、土星回帰の時。29年ほど前も似たような展開を経験しました。(土星の公転周期は約29年です)そのときも、同じ音楽のジャンル内で、転職を経験しました。

今回は、ジャンルが大きく移行!音楽と占星術は同じ海王星の管轄域ですが、ジャンルの幅が大きい。エッセンスは同じだが、人からみた感じは違いますね。もっと大きな世界に飛び出していけよ!ということでしょうね。

いずれにしても、2度目の土星回帰を迎えられたのだから、無理をしないで、体力をつけていこうと考えています。

ところで・・・
最近すごく勉強になったことがあります。年寄りになって体力がなくなったにも関わらず、有料で演奏会を催すこと。良き演奏であれば素晴らしいと思います。しかし、ミスタッチだらけで、何を弾いているかわからないほどひどかったり、弾き直しをしたり、三度の連続(4個くらい)ができてなかったりなど・・・一聴してぼろぼろの演奏で、金をとってもいいのか?ということです。

ご本人としては、ミスタッチは関係ない。それをも覆すだけの音楽性があるから、技術不足をつつくのは不快だと言わんばかりの態度です。これって、年は関係なく、自分に甘い、単なる空威張りではないでしょうか?

どうせ、アマチュアしか聴きにこない、プロはいないんだから、多少間違えてもいいやと思って弾いているのがわかる演奏を昨年聴きました。良いものをもっていることはわかりますが、ミスだらけでひどい演奏を提供して、恥ずかしいと思わないのは、プロ意識に欠けていると思いました。

お金をとって、演奏しているんです。そこのところがわからない人とは、おつきあいしたくないと思いましたね。
自分も、60年も生きたわけだから、より高みを目指してやっていかなければならないと思い、曲をすすめております。

年内には、占星術やカードと創作を統合した新しいジャンルの素地を作れるよう、より創作活動に邁進したいと思い、人さまから勉強させていただく毎日です。





スポンサーサイト
 その他 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/338-219e94aa