制作日記~Kaoru Mizuki

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
音楽のレッスン 西洋占術の基本
以前から、クリエイターとプロフェッショナルのための教室(個人レッスン)に西洋占術とカードを使うと書いてきました。

この他に、音楽のレッスン(創作 演奏など)にも、取り入れたらどうだろうか?と考えるようになりました。例えば、趣味でピアノを習う生徒さんというのは、大概、ご自身で曲を決めることができないのです。


「どーいうスタイルで練習したらいいの?」
「自分にはどんな曲が合うの?」
「進めたい曲がわからない。」


など、疑問をもって始めていかれるのが大半でした。これにカードや西洋占術をとりいれて、大体の方向性を決めたらどうかと思うようになりました。一方的ではなく、生徒さんの意見をききながらです。

今月からピアノの生徒さんが来ますので、許可がおりれば試させていただきたいと考えています。100%ではなく、6割くらいでも方向性がつかめて、生徒さんが楽しめるようになれればいいなと思い始めました。

また、オーフィアスをテキストとして使うなら、曲もテキストとして使うべきだと思いました。ピアノ曲が多いですので、ピックアップして、手に合う曲を、使いたいと思っています。→こちらも生徒さんの気持ち次第なので、まだわかりません。

年内に、一応音楽の個人レッスンにも対応しているよ、との告知をしたいと思います。

ところで・・・
西洋占星術のこと。基本が大切だと痛感してます。基本とは、春分、夏至、秋分、冬至の季節の始まりがあって、季節が安定してきて、次に季節の変動期がある・・・この流れを体感することなのです。四季のない国ではどのように対処しているのかわかりませんけれど、日本には温暖化とはいえども、四季が崩れながら残っていますので、この流れは大切にしてほしいと思います。

ちなみに、季節の始まり→活動宮 季節の安定→不動宮 季節の変動期→柔軟宮 というのです。そして、これらの3個の宮に12個の星座(サイン)が当てはめられています。他に、太陽の光の強さや、嵐、気温なども考慮されている分類方法がありますが、それは長くなるので割愛します。(以上は私の考え方です。)


いずれにしても・・・
たとえ温暖化が進んだとしても、昔の生活を思い出してほしいです。春にはタケノコを食べて、夏にはそうめんやスイカを食べ、秋にはきのこがおいしくなり、冬には根菜類や鍋物がおいしくなるよ、といったことを体験すること。

日は西に落ちて、東から上るということ。(太陽も月も東→西に動いている。)

普通の生活をすることで、自然現象を感じ、五感が磨かれてくる。これが西洋占星術の理解につながります。
何も感じなければ、堂々巡りです。ものの本を読んでも、いやになるだけです。

今はまだ試行錯誤中ですが、できるだけ自然体で楽しく、頭を使わないでレッスンをしたいですね。

現在は6月の12占星術予測も半分程度終わり、オーフィアスバリエーションの前半部分の曲の仕上げを少しづつすすめています。(後半は昨年中に終らせています。)私の場合、間口を広げるのではなく、自分の感覚と合う人に向かって、発信するのが向いていますので、中途半端なところで手を打てないです。

逆に大衆的なことが向いている人であれば、そちらのほうにどんどん向かっていったでしょうし・・・何が向いているか、どんな方向に進めばいいかなどを知ることは、物事をスムーズに捗らせる基本となります。これは私が自分で西洋占星術やカードを通じて学んだことです。うまくいかないというのは、大半が自分がわかっていないからです!

自分を知ることによって、作品も、お金の稼ぎ方も全て変わってきますね・・・今頃になってそう思う日々が続いています。

なんだか、話が別の展開になっていますが、オーフィアスの世界は上記のようなことも、間接的に含むのです。肩の凝らない、お勉強の世界です。








スポンサーサイト
 オーフィアス組曲 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/351-6ff216b6