制作日記~Kaoru Mizuki

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
カイヤ=サーリアホさん
最近、現代音楽なるものから離れておりましたので(音楽そのものからといったほうが正しいか・・)この方のことは存じ上げませんでした。

カイヤ=サーリアホさん
有名なフィンランドの女流作曲家ということでした。

偶然に耳にしたのですが、私は非常に気に入りました。この方の感性に共感を覚えています。

まだ良くは聴いておりません。でもこれから聴きこんでみたいなぁと思わせるものがあります。音楽は不得意な方でもわかります。ちょっと聴いた感覚では、環境音楽や今はこんな分類があるかどうかわかりませんが・・ニューエイジといわれるジャンルっぽいです。

以下、ちょっと聞いてみた感想です。

音色が非常にきれい
ノイズやコンピューターの音が分離していない

技巧的じゃない=自分の音楽になっている(音楽的なんですね!)
幼い時に感じた事などが、彼女の中で今も息づいている

正統派である
大自然を感じる

音楽ではあるが、何かが目に見える(最初は美術を手がけておられたとか?)
それぞれの想像力をかきたてる何かがある


私は好きなので、褒め言葉以外のものがみつかりません。

この方の曲に導かれ、創作意欲が沸き起こりました。女性だけに、母なる大地という感覚があり、大きく受け止めてくれるような気持ちになれます。男性の感覚ではないと強く思っています。一言で片付ければ、個性的ということでしょう。

これはすごくいいことではないか?と思います。

ということで・・もっと聴いてから感想を書きたいと思います。そして私も微力ながら、創作活動を今月より、再開します。

スポンサーサイト
 ピアノ以外のジャンル コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/399-04867fc5