制作日記~Kaoru Mizuki

2017 10
09 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 11
音楽のレッスン
HPの改造も進めており、ようやく音楽のレッスンこちらをクリックのページを作りました。 

楽曲がわかる、聴く耳がある、初めての曲であってもご自分の解釈で演奏できる・・・このような方々が育ってくれればいいな、と以前から考えておりました。

というのは、演奏を手がけておられる方は特に、演奏技術のみならず、楽曲の理解が必要ではないかということです。上にも記しましたように、新曲をご自身の手で演奏する必要があるとき、どう演奏していいかわからないのでは困ります。

このような面で、今より進歩させたい方。

また指導者の方でも、曲が理解できず困っておられる方、お手伝いができればと考えております。

ほかには・・・音楽愛好家の方。非常に耳の良い方、想像力に富んだ方はもう一歩ふみこんで、良いものと悪いものとの線引きが出来るようになれば、楽しいのではないかな?ということです。

「人がいい」と言っているから
「専門家が良い」と新聞に書いていたから
などなど・・・


他人の意見に惑わされず、ご自身の耳と感覚を磨いていただくことにより、新たな方向に進めると確信しております。
あちこちを拝見しておりまして、「人」の感覚に惑わされている方が多いと感じます。もちろん、確かな耳をお持ちの方もいらっしゃいますが・・・

自信がもてるようになるには、わかるという実績を積み重ねていくよりほかに、方法はありません。ただ、以前から感じていたことですが、和声や対位法を教科書を使ってやっていっても、挫折する方がほとんどでした。古典の名曲を分析し、演奏や創作、または指導につなげていったほうが、意味があるのではないかという思いもあったのです。

そんなわけで、この機を狙い(私も年をとりましたので・・・)レッスンを企画してみたいと思った次第です。ご興味がおありになりましたら、一度サイトをのぞいていただき、ご質問はメイルか電話でお願いいたします。








スポンサーサイト
 お知らせ コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/404-d8e6261f