制作日記~Kaoru Mizuki

2018 07
06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 08
序奏とアレグロ
Ravelの名曲、序奏とアレグロを聴きました。出回っている楽譜と初版には、違いのある部分が多いというお話があり、注釈つきの楽譜を買うことにしました。

この楽曲は、初版を買ったほうがいいと思える曲です。

冒頭では、B♭を中心として動きだします。 強調されている音も(クライマックスやフォルテになる部分)B♭、 途中で転調し(何度か上げ下げする)展開され、蝶のように舞い、最後はB♭で終わる。音を点とするならば、点があちこちに動くということではないかと、感じました。

調性は理屈の上ではGes-durですが、窮屈ではありません。型から逃れようとしては、B♭がどこかで鳴っています。つまりGes-durから、逃げようとしても、B♭が追っかけてくる様相です。

(youtubeを徘徊しておりまして、伊福部先生の曲を聴くことになり、先生はRavelの影響を直接的に受けているのではないかなぁ???と思った次第です。曲調は全然違いますが、根底には同じものを感じた次第です。ただ、一個人の印象なので、間違っているかもしれません。)

それはともかくとして・・・

音そのものが初版と違う箇所があるかもしれません。上記のような曲の進め方(一つの音を中心とした展開)ならば、ホンモノを見た方が良いと思った次第です。私は謎解きが好きなものでして・・・「なぜここにこーいう音が置かれているのか」と、ときたま不思議になったときの、解決方法として、初版は必要だと思いました。

それはおいといて、ハープの奏法の多様性や音色の変化による気づきを得るには、大変良い楽曲だと思います。依頼されたのが、ハープメーカーであることや、ハープの進化には、この曲があったといっても過言ではないことも理由の一つです。


昔はそうも感じなかったのですが・・・考え込んで作ってはいないですね?この曲。水彩画をサラッと描くように、書いたように感じました。どんなジャンルでも、努力の結晶ではすごいものにはならない部分もあるようです。大胆さも必要。努力することも才能の一つですが、その前に本質的なもの(生まれつきの感覚)が必要。

時を見極める能力もその一つなんでしょうな・・・難しいですね。

凡才の私は、今後1曲はハープ中心の楽曲を作りますので、古典から現代に至るまで、ハープの曲をアサッています。加えて、ピアノデュオの曲に力を入れます。こちらも今、先人の曲、現代作曲家の曲を拝聴しております。



序奏とアレグロ





スポンサーサイト
 楽曲分析と演奏 コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/412-55e9f84e