制作日記~Kaoru Mizuki

2018 05
04 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 → 06
バイエルン放送交響楽団
もうすぐ、チケットの売り出しがはじまるようでそわそわしています。私にとっては、是非とも生演奏で聴きたいオケです。youtubeでヤンソンスさんの指揮、五嶋みどりさんのバイオリンで、プロコフィエフのバイオリンコンチェルトを聴いて以来、コンサート熱が高まりました。

相当上手なオケだと思っています。ヤンソンスさんもすごくバランスが良くて、好きな指揮者なのですけれど、人によっては全然ダメだとの酷評をお書きになっている方もおられます。上手、下手と感じるのは人それぞれなのだと思いますね〜

バイエルン放送交響楽団は、お給料が良いとか?お給料がよければ達人が集まります。それはどの業界でも同じでしょう。芸術において、お金のことを言うなんておかしいとは、いったい誰がおっしゃったセリフでしょうか?頑張っても頑張っても、お金が上がらなければ、最終的にはやる気がなくなってしまいます。ものを作るには、体力も必要。その体力を維持するには、気持ちの余裕も必要です。切羽詰まってやることは、心身ともによくないんです!

それは自分も経験しているからわかります。気持ちの余裕があれば、良い人ともつながれますし、良い方向に進んでいけます。

一緒に仕事をするならば、常に相手のことを考え、気持ちよく仕事を進めることができる人とやりたいものですね!金銭的余裕がないならば、軽々しく人に依頼すべきでないことを、肝に命じております。>わたくし 

それはともかくとして、コンサートでは、私の最も苦手とする作曲家、マーラー7番をとりあげるとのこと。ドイツ在住の音楽家が、生演奏で聴けば、この曲の楽しさがわかると書いておられましたので、聴きに行くことにしてます。他には、キーシンのピアノ。できれば2晩続けて聴くことを考えています。

高額チケットですが、飛行機代を考えれば安いものだと思って諦めております。

スポンサーサイト
 ピアノ以外のジャンル コメント(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lyre465.blog85.fc2.com/tb.php/446-d83a883a