制作日記~Kaoru Mizuki

2017 06
05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 07
方向転換
方向転換と書きましたが、前回と似たようなことを、一歩進めて、気持ちを新たにしたということです。そういえば、今も蠍座新月域でしたっけ?そういうこともあるかもしれませんね。

長い事迷いました。>どうやって作品を出して行くか?
前回あたりからじょじょに考えがまとまってきました。大局的視点に立ち、西洋占術と創作をミックスさせたテキストを作ることに決定し、おしすすめていく予定にしています。

よくあるテキストではなく、肩の力が抜けて且つ楽しめるものです。ここに書いたかどうかは忘れましたが、ミュージックタロットという分野を開発中です。このためのテキストにもなりますし、西洋占星術を肌感覚で知ること、チャートを文章を元にして、キャラクターごとに作り、完成させるなど。

私が、西洋占星術を勉強していく上で悩んだことが、解決できるといいなぁと思った次第です。たとえば、月が沈む頃であれば、チャートであればどの地点に太陽が来るか?など。誰でもわかりそうな簡単なことを出発点とします。

結局、人の性格は環境によって変化するということでしょうね。もちろん現実的には、環境だけではなく、遺伝的要素なども関係してくるのですが・・・しかし、環境というのは大きいです。悪質な環境で育ちつつある子どもが、親が捨てたために、良質な環境の親に拾われて、偉人になった例はたくさんあると思います。

遺伝と環境 この2点ですね!

逆に最悪の環境を乗り越えて、実業家になったりなど・・・人ってゆーのは与えられた才能によって、環境と連動することも考えられるということでしょうか?

今後の私の仕事に関しては、コンサルテーションは少し、ライティングも今程度にしておきます。先生との仕事は継続します。こちらは発展性がありますので・・・その他の仕事は状況によって考えます。

人間は変化するものですから、ずっと同じことを続けていくことはありえません。

主たる位置付けは、預言物語オーフィアス組曲です。テキストにするならどうするのか考えることが必要。音楽に関しては、今も継続中で、前よりシンプルにしたことと、統一感を重視。聴きやすくするというよりも、統一感を前面に押し出します。

私の場合、今まで自主制作をしたことがありませんので、テキストに関してはどこかへ持っていこうと思います。音楽も、タロットと連動させますので、外部に相談したいところです。つまり音楽だけ独立しているものではないので、そこのところを説明したいと思っています。

何事も積極的に!動かなければ何も起きません。今後は外に出す事をメインに考えていきます。本日はそのハシリの日でした。



 オーフィアス組曲 コメント(0)
初心に戻り・・曲作り再開
少し前から、曲作りに入っています。しばらく曲を放っておいて、眺めてみると、手直ししたほうがよい部分がありましたので、やっています。

1週間くらい前に、譜面作成ソフトのnoiton5→6にバージョンアップ。今回から、パソコンでも手書き入力できるようになりました。これは私にとってはメリットが大きいです。もちろん、パソコンだけではできませんので、タブレットを入手することにしました。

今まで待ってよかったです。ipad pro買わずにすみました。

タイトルの「初心に戻る」ということ。お彼岸の終日あたりから、考えるところありまして、自分の本来の目的は、何だったのだろう?と考えました。それは占断でも何でもなく、創作活動なんですね。

一応、占断にも手を染めてますが、専門でやっていくつもりはありません。また、12サイン占いなどを書いていますが、ホンモノの占い師のサイトではありませんしね。中途半端なのです。

その割には当たるので、見てくださる方も多いのだと思いますが、今後も、占断専門ではやりません。→そのうち、占断についてはやめてしまうかもしれません。西洋占術を通しての西洋文化について書くことは続けていくでしょうけれど・・・今はまだ勉強不足なので、もっと深めていきます。

ウエブコンテンツも、ずっと同じことはあり得ないと思います。そのうち変化するでしょう。


それから・・・ちょっと音楽のレッスンの打診がありましたので、聴音や副科ピアノ(受験生)などは再開するかもしれません。ただ、趣味でピアノをやる方は受けるつもりはありません。自分には合わないと思いますので・・・

やるとしたら、受験生、和声、楽曲分析くらいでしょうか?


最近は楽曲分析などもやっておりませんが、西洋占星術の本を読んでまして、大変興味深いことを発見しました。

それは数のことです。大昔の数に対する考え方が、音楽にも通じていて、大変面白いです。無意識か、無意識でないかわかりませんが、我々がいかに、西洋のモノの考え方とは違うか、ということを知り、同時に共通項も知り、感激しております。

数については、そのうちどこかに書くつもりです。

それから・・ウエブコンテンツについては、リピートしてくださる方が非常に多く、本当に驚いております。こんなことは初めてです。管理してくださる方のご尽力が大きいのでしょうけれど、生まれて初めて、自分の文章がものすごい
人の目に触れている事を実感しました。

最初は500人くらいの方がみてくださっていたはずです。それがすごい数になっていて、ネットというものの影響力の大きさを知りました。

今日はまたこれから12サインの書きをして、早めに寝ます。




 オーフィアス組曲 コメント(0)
作曲に戻っています
次回、生徒さんのレッスンで使う曲「小春日和は釣り日和」という曲を手直し中です。やっと作曲の時間がとれるようになりました。ここのところ雑用に追われて、体力的についていかなかったこともあります。

この曲はオーフィアス組曲の中の、BGMです。これをピアノ曲用にアレンジしています。BGMですから台詞がのるのですけれど、それだけではピアノ曲としてはおもしろくない。ということで、書き換えています。

楽しんで弾けるようにということで、全く頭で考えず、猫さんの釣り風景を思い浮かべながら書いています。作曲は花吹雪猫三郎という実直な猫ピアニストです。彼から送っていただく念で、曲がすすんでいきますね・・・・(幻想の世界の話です。)


曲を書いていて、予想以上に楽しく、集中できるので嬉しいです。

それから・・・
HPを作って後、しばらくしましたら、ワークショップとセミナーを開催する予定でいます。

これはタロットとピアノ演奏(場合によっては他の楽器や朗読)を組み合わせたものです。生演奏が必要なのは、状況にあわせて臨機応変な対応が要求されるためです。

曲を聴いて、カードを引き、読んでいくこと。何もわからなくても、カードの絵柄と音楽の印象とをつなぎあわせて、言葉にするという練習です。

このために、オーフィアスの曲を使ったり、その他の曲を組み合わせます。

音楽の力は大きいので、上達が早いかもしれません。理屈も教えていきますが、その前に本質的な力を蓄えていくことが上達の秘訣と信じています。

では、これが何に役立つか?

自分の力量を知り、自分を信頼することができていきます。人を参考にする人がおりますが、それではうまくはいきません。人は人、自分は自分。それぞれの器で勝負するべきです。言葉ではわかっていても、実際はわからない人が多いです。かつての私もそうでございました・・・

自分を知ることによって、自分の道を見つけることができます。そうでなければ、実利的に物事をすすめることはできません。ご自身の好きなことなどは、枝葉の部分なので、後からついてきます。なぜならば、樹木は幹がしっかりしていなければ、育ちませんから。

幻想の力、夢幻の力があるからこそ、それを形にしようと思い立てるわけです。先人の作ったものでも、自分の中の夢幻力で別の形に変える力がとても大切だと思います。そーいう力を得るために、良いと思いました。

ところで...
最近、今までの予定を変更したところ調子がよいのです。シャワーを浴びる時間を午後か、夕方にしています。本日は予定外のことがあり、夜になってしまいましたが・・・以前は22時頃浴びてから、食事をしていたので、相当寝るのが遅くなっていました。

おまけに疲れが激しく、非効率。まず時間の使い方から整えていくことが大切と、思っています。

他に、初心に戻ること。元々オーフィアス組曲は、純粋な創作をしたいとの思いから始めたことです。西洋占術を人生の中心にするために、オーフィアスを書いたわけではありません。西洋占術はあくまで付録。オーフィアスはテキストとして、使う予定ですが、それはそれです。

テキストにも使うが、作品としての位置付けを変えるようでは、後がないぞ、ということです。

いずれにしても、HP、今月中にはアップする予定です。他に、有料blogの形態もスマートかなぁと思うようになりました。どちらか考えます。












 オーフィアス組曲 コメント(0)
今日は一日休みにしました
ほぼ休みなしできまして、疲れました。今日は久しぶりに一日お休みしました。明日は早起きして、曲を進めようと思ってます。

オーフィアス組曲をさまざまなレッスンのテキストに使うという案、進めていきます。少し前まで、音楽と文章とを切り離して、使うつもりでした。しかし、昨日文章のみ見返してみたところ、現代の日本人には疲れることかもしれないと思い始めました。

みなさん、映像になれている。大昔のパソコン通信のように文字だけを読む方はほぼ0ではないかと思います。今は映像や音がついていて当たり前の時代ですよね。ですから、テキストといっても、学校の教科書のようなものでは、読みにくいと感じました。

これは、以前の計画通り、文章+音楽をくっつけるべきだと思いました。前の案に逆戻りです。前の案を生かして、DVDテキスト(文章+音)にする。これが良いのではないかとひらめきました。

たったこれだけのことに、半年くらいかかったでしょうか?3月頭くらいから別の用件で忙しくなり、ほぼ2ヶ月半くらいオーフィアスから離れていたところ、ひらめいた案です。

離れたことが良かったのかもしれません。

占星術やカードをやっていて、物事の真理はある程度わかりかけてきているはずなのに、自分のこととなるとさらりと忘れてしまいます。まだまだなんですね!

心配しなくても、人に必要な未来は決まっています。それなのに人は、未来を信じることが恐ろしく不得意ですから、右往左往するのです。

結局、2月末に一時中断したことを前にすすめていきます。

 オーフィアス組曲 コメント(0)
音楽のレッスン 西洋占術の基本
以前から、クリエイターとプロフェッショナルのための教室(個人レッスン)に西洋占術とカードを使うと書いてきました。

この他に、音楽のレッスン(創作 演奏など)にも、取り入れたらどうだろうか?と考えるようになりました。例えば、趣味でピアノを習う生徒さんというのは、大概、ご自身で曲を決めることができないのです。


「どーいうスタイルで練習したらいいの?」
「自分にはどんな曲が合うの?」
「進めたい曲がわからない。」


など、疑問をもって始めていかれるのが大半でした。これにカードや西洋占術をとりいれて、大体の方向性を決めたらどうかと思うようになりました。一方的ではなく、生徒さんの意見をききながらです。

今月からピアノの生徒さんが来ますので、許可がおりれば試させていただきたいと考えています。100%ではなく、6割くらいでも方向性がつかめて、生徒さんが楽しめるようになれればいいなと思い始めました。

また、オーフィアスをテキストとして使うなら、曲もテキストとして使うべきだと思いました。ピアノ曲が多いですので、ピックアップして、手に合う曲を、使いたいと思っています。→こちらも生徒さんの気持ち次第なので、まだわかりません。

年内に、一応音楽の個人レッスンにも対応しているよ、との告知をしたいと思います。

ところで・・・
西洋占星術のこと。基本が大切だと痛感してます。基本とは、春分、夏至、秋分、冬至の季節の始まりがあって、季節が安定してきて、次に季節の変動期がある・・・この流れを体感することなのです。四季のない国ではどのように対処しているのかわかりませんけれど、日本には温暖化とはいえども、四季が崩れながら残っていますので、この流れは大切にしてほしいと思います。

ちなみに、季節の始まり→活動宮 季節の安定→不動宮 季節の変動期→柔軟宮 というのです。そして、これらの3個の宮に12個の星座(サイン)が当てはめられています。他に、太陽の光の強さや、嵐、気温なども考慮されている分類方法がありますが、それは長くなるので割愛します。(以上は私の考え方です。)


いずれにしても・・・
たとえ温暖化が進んだとしても、昔の生活を思い出してほしいです。春にはタケノコを食べて、夏にはそうめんやスイカを食べ、秋にはきのこがおいしくなり、冬には根菜類や鍋物がおいしくなるよ、といったことを体験すること。

日は西に落ちて、東から上るということ。(太陽も月も東→西に動いている。)

普通の生活をすることで、自然現象を感じ、五感が磨かれてくる。これが西洋占星術の理解につながります。
何も感じなければ、堂々巡りです。ものの本を読んでも、いやになるだけです。

今はまだ試行錯誤中ですが、できるだけ自然体で楽しく、頭を使わないでレッスンをしたいですね。

現在は6月の12占星術予測も半分程度終わり、オーフィアスバリエーションの前半部分の曲の仕上げを少しづつすすめています。(後半は昨年中に終らせています。)私の場合、間口を広げるのではなく、自分の感覚と合う人に向かって、発信するのが向いていますので、中途半端なところで手を打てないです。

逆に大衆的なことが向いている人であれば、そちらのほうにどんどん向かっていったでしょうし・・・何が向いているか、どんな方向に進めばいいかなどを知ることは、物事をスムーズに捗らせる基本となります。これは私が自分で西洋占星術やカードを通じて学んだことです。うまくいかないというのは、大半が自分がわかっていないからです!

自分を知ることによって、作品も、お金の稼ぎ方も全て変わってきますね・・・今頃になってそう思う日々が続いています。

なんだか、話が別の展開になっていますが、オーフィアスの世界は上記のようなことも、間接的に含むのです。肩の凝らない、お勉強の世界です。








 オーフィアス組曲 コメント(0)