制作日記~Kaoru Mizuki

2017 11
10 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 → 12
生きるための意味づけは必要がない
今、音楽をつけている作品(はじめての自主制作作品ですが)は、台本と音楽とも私が書いております。

テーマは「生きるために意味づけは必要がない」ということです。先日もチベットの鳥葬をみておりまして、この方たちの根底にある奥深さを感じました。鳥葬とは、鳥に死体を食わせるのです。遺体は単なる箱であり、魂は天に昇っていくという思想ですね。youtubeに映像が残っておりましたが、今は映像をアップすることは禁止ですので、貴重なものでした。

生きとしいけるものは、平等なのです。自然の摂理にしたがって生きている。頑張って生きても、目的をもっていきたとしても、最後には無になるということ。なんのために生きるのか?ではなく、自然のままに生きる・・・

私、鳥葬をみていまして清々しいものを感じました。

オーフィアス組曲は2010年あたりから台本を書き始め、2013年に思想の勉強をしてから、大幅に書き直しました。書き直してからは、テーマも「生きるための意味づけは必要がない」に変化しました。

あのときから4年ほど経て、世の中の流れも変わってきましたね。特に、お隣の北朝鮮の件もありまして・・もし有事になったとしたら、今までの価値観はごろっと変容するのではないかと思っております。まさに、「生きるための意味づけは必要がない」 と思う方も増えてくるでしょう。

有事になったとしたら、死を意識することになろうかと思います。何も役立たない・・・と身をもって体験することになりましょう。そうならないことを祈るばかりですが・・・

私は狙って作ったわけではありませんが、世の中の流れがそうなってきてまして、驚いております。また2013年に、強くすすめられて勉強した西洋思想に関しても、必要であったと確信する時期が刻々と近づいてきていると思っています。

何事も必要であるから起きるのだと感じる今日この頃、直感を大切にして生きるべきと思っております。で、音楽に関しても、カチカチではなく、鷹揚な態度が必要と感じました。まだ具体的には音にしておらず、これから書いていくのですが、聴いて苦痛を感じる音ならば、書かない方がマシ。

テーマをわかってもらえるような音作りをすべきという結論に達しました。そういうこともあり、やっと音符を書き始めることにしました。自由度大きく、直感を頼りにします。

本日は午前中、とっても不快な音楽を聴きまして、絶対にこーいう音楽だけは書かないぞと、肝に命じました。現代音楽のようです。相撲がテーマになっているようでしたが・・・相容れないものを感じました。加えて体調を崩すほど疲れました。

こちらの耳が悪いのかもしれません。しかし一聴衆としては、古典のほうがいいのではないかと思った次第です。古典とは、日本音楽の古典です。私は日本音楽なんてよく勉強しておりませんので、細部まではわかりませんけれど、長唄などをきいていまして、古典の曲が優れていることは感覚的に理解できます。

なんでもいいから破壊することは、人の神経を逆なでしますね。私は古典を基盤とし、人が聴いて理解できる音楽、加えて気持ちのよい音楽でやります。たとえ古くさくても、オーソドックスなものを中心としたいです。

で・・・共感をもってもらえる方だけに鑑賞してもらえれば、十分だと、本日は思いました。
 オーフィアス組曲 コメント(0)
ピアノの練習を始めました
オーフィアスの中で、今年録音したいと思っている曲、練習を始めました。以前から、音階などの基礎的練習は続けていましたので、違和感なく取り組めております。

残りの作曲には5月くらいからかかる予定です。4月中に、父の遺品の整理に三重県に戻ったり、相続の書類の手続きを終え、過去にピリオドを打つことになります。作曲には、6月から、腰を据えてかかる予定でしたが、一日も早く音楽に触れたい気持ちがありました。そのため、5月からということに決めました。

父が亡くなる前に、私の曲を聴きたいと申しておりましたのに、願いが叶わず・・・そういう意味でも、オーフィアスはきちんと仕上げて、世に出します。父を亡くしたことで、音楽に対する向き合い方も大きく変わりました。自分の中で、本当の音楽を書きたいという思いが膨らんできてきます。

過去に書いていたような曲には戻れないでしょう。その意味で、数年前からオーフィアスを作り始めたことが、自分にとっては大きな出来事となりつつあることに最近気づきました。

西洋占術関係の仕事も、教えることを100%としてやっていくことにしました。今はまだ、多少、別の仕事も依頼されてやっておりますが、年末にはゼロにするつもりでおります。これは副業であり、音楽を支えるものとして考えています。

いずれにしても、創作に落ち着いてかかれるということは、父の希望でもあり、私の希望でもありましたので、願いが叶ったことになるのでしょう。西洋占術的な見解では、2017年6月に、プログレスの月が土星と重なります。これは今後2〜3年、自分が何をやるべきか、決まる事柄が起きるということです。ちょうど29年前も同じ感覚でしたね〜

今でも、何をやるべきか、(居場所が見つかる)決めておりますが、再来月はもっと具体的に見えるのでしょうね。2017年2月からの人生の変動の大きさ、これこそ、年貢の納め時というのだなぁと感じています。

まるで大学受験をした時のようです。みなさんもご経験があるでしょうが、受かるか受からないかわからず、気をもむ、このような心境でした。今はようやく先がみえているものの、正式な合格発表はもう少し先になるといった感じですね。

ところで・・・

父が亡くなったのが、先月の22日でしたので、やっと明後日で、一ヶ月になります。この先は、一ヶ月ごとに、亡くなった父からも、少しづつ離れていくのだと思うと、寂しい気持ちもします。父の供養のためにも、音楽を続けることを第一にするべきなのだと思っております。

明日はイエルク=デームスさんのピアノを聴きに行きます。このような気持ちのゆとりも生まれつつある今日この頃です。

 オーフィアス組曲 コメント(0)
やっとのことで
先月、オーフィアスバリエーション中のテーマ「オーフィアスの謎」を完璧にあげました。メロディ主体の曲だったので、難しかったです。

今は、次のテーマへのつなぎを、大幅に手直し中です。やはり2015年後半から2016年にかけては、時間がなかったのだなぁと思います。あのときは、家が老朽化して、雑用が多くて大変だったこと、副業を何とかレールに乗せることに時間をとられておりました。曲の出来も今ひとつ、納得できませんでしたね〜

思い起こせば、あちこちで「曲が 曲が」と口走っておりましたが、いつかはできる時がやってくるものです。現在は心の中で、樹木の剪定のように、残す枝、切り捨てる枝をきちんと決めています。

先が見えてきたのだと、感じています。

オーフィアスバリエーションが最も大変ですので、まずこれを上げて、出します。そこからの出発ですね。

この年になりますと、どうでもいいようは曲は作れないです。徹底追及して、ベストな状態で作品を出したいと思っています。

上記の「剪定」のことですが、作品のことではなく、副業のことなのです。今まで続けてきたことを、一つ手放すつもりでいます。来月はもうはや3月。一区切りの時だと思っていますので、やめます。

ここに書いても何の事かみなさんにはわからないでしょうけれど、作曲を優先することに決定したということです。

今は、ドビュッシーのオーケストラ曲、「夜想曲」を聴いています。マゼールさんの指揮が好みです。有名な曲ですが、もしよろしければみなさんもお聴きになってくださいませ。

最近は、古典に親しむ方向に進んでいます。現代の曲も面白いですが、古典のほうがより大きな発見があるような気がしています。

ところで・・・26日には金環日蝕がありますね。でも日本では観られません。魚座の日蝕ですけれど、このような時には、一種の結論を出す時だと思っています。大体19年に一度、自分の星座で日蝕があるのですが、過去を検討してみました。

19年前は、例のここでよく愚痴っていた、合唱の世界に足を踏み入れる結果となったこと。
その19年前は、大学卒業した年でした。

二つとも、過去から足を洗う時だったのですね。今回は私の誕生日が触に当たります。何かを見送るのでしょうね・・・
今回は強烈かもしれませんわ。

また近々書きます。よろしくお願いします。
 オーフィアス組曲 コメント(0)
形にする
何かを形にするには、ナニモノがやるか?いうことが大切です。例として、「専業主婦が趣味で続けている西洋占術の本を出版したい」などといった望みがある場合・・・形になることはほぼないと思います。

形にするには、専門家としてだけではなく、売るための能力も必要ですよね?そこまで考えて、形にしたいというべきだと思います。

私の場合、西洋占術には興味がありませんでした。ほとんど関心のない分野でしたが、偶然このような形になってしまい、自分でも驚いています。そのため、のめりこまず、冷静に考えることができています。ただ、オーフィアスを作った、2011年前後からのことを思い起こせば、この作品を何らかの形で世に出すための西洋占術であるのだという結論には達しております。

また、自分の過去からも、音楽、西洋占術、どちらが欠けてもうまくいかないと予測しています。以前のように、音楽だけを追求していても、よほどのことがない限り、前には進まなかったと、今になって思います。音楽の世界だけでやるには、限界がきていましたから・・・

特に合唱分野においては、全く知らない世界でしたので、コネもなく、コネを作る気力さえありませんでした・・・大変いやな思いもしておりましたが、抜け出ただけでもラッキーだと思っております。


それはともかくとして、少し時間ができました。(時間を作るようにしました)音楽だけではなく、文章を教則本として生かす方法も進めることにしました。クリエーターの方のヒントになるような方法も兼ね備えていると思います。

総合して、作るということに、焦点を当てていきたいと思っています。


以前に予測を教える仕事もスタートすると書きました。出来れば良いのですが、最初にやることではないと思えてきました。もしやるとしても、細々とです。

教則本を作ることを目標にして、走ります。そのための修行として、2016年の書く仕事(予測三昧)があったのかもしれません。食事をする暇もないほど大変でしたが、このくらい勉強しなければ、なかなかわかるようにはならないのが、西洋占術の世界です。

今はほんの少し、前に進みましたので、私が理解に苦しんだ点などを、皆さんにわかりやすく説いていきたいと思うようになりました。そして、クリエーターの方々が、キャラクター設定をしたり、音楽家のヒントになるようなモノに仕上げていきたいと思っています。

今手がけている作品や、予測の仕事を通して、疑問を自分で明らかにし、その上で人に教えることが大切だということを身をもって知りました。

学問とは、人に教わり放題ではなく、自分で疑問を明らかにし、人に伝えることなのです。このような意味でも、作品を世に出したいと思うようになったのです。

だんだんと面白くなってきました。


 オーフィアス組曲 コメント(0)
作曲に戻りました
一昨日あたりから、また仕上げにかかり始めました。今までは、気持ちに余裕がなかったのですが、心が決まった途端に、楽になり、少しづつ進み始めました。

昨年末に、創作に復帰と書いたのが嘘ではなくなると思います。心が決まったという意味=今まで大変に時間をとられていたことから、離れていこうと決意したことです。

この件、続けて将来性はあるのか?
また、自分のやりたいことと連動するのか?ということですね。

カードを副業としていますので、尋ねてみましたが、「NO 縮小するのがよい」と出ました。

潜在意識は確かです。潜在意識というのは、自分でもわからない部分です。それがNOと決定づけているので、はっきり止めることに決定です。過去の経験によりますと、カードなんてものは関係ないと、逆の行動をとりますと、必ず!失敗します。数年前にも、そーいうことがあり、お金を損しましたので、とりあえず逆らわないことにしています。

最近、4年と少し使った、ぼろぼろのカードを処分しました。処分する前には、どういうわけか、カードがこちらの質問に答えてくれなくなりまして・・・これはカードではなく、自分の潜在意識が、動かしているんだなぁと思いました。カードは単なる紙切れですよ。ですから、捨てて大丈夫です。

で、新品を購入しましたところ、明確な答えが出るようになりましたので、安心しました。

皆、それぞれの人生があります。人生の目的に向かって歩みを進めるときには、変動がありますね。私も今過渡期です。ちょうど29年前も、今と同じ状況でした。

父が体調を崩しました。しかも今と同じ病気です。そして、父が回復に向かっていったとき、私が特撮ものの歌の仕事を2曲、いただきました。この2曲が始まりとなり、商業的作品の世界に多少なりとも足を踏み入れたということです。

今はあれから29年経ち、また新たなジャンルに移っています。自分の思いとは別の方向に進むのであろう、と感じています。計算してやったことはことごとく壊れますが、それでも思いは、遂げることができるでしょう。

自信ありげですが、それは過去の経験がありますので、わかるのです。

この記事を書いた今日から、新たな方向に進み始めました。今後は、昨年のように、ごはんを作る暇もなく、焦ることはないと思います。そーいう仕事に移行しつつあります。

さまざまなことで、金銭度外視でお世話くださっているK先生には、感謝の言葉しかありません。先生と最初にお会いしたときに、「長いつきあいになるぞ」と仰った言葉は本当になりました。今後も先生とは、お仕事でご一緒していくことになると思います。

オーフィアスを出す方向に、力を注ぎます。



 オーフィアス組曲 コメント(0)